テーマ:雑記

Merry Christmas!

今年、日本は、あちこちに深い傷がついて、いまだに心が癒されていない方々も大勢いるけれど、そういう方々の気持ちが少しずつでも癒されますように。 年金がどーのとか、税金がこーのとか、給与カットとか、労働意欲が削がれるような話題ばかりだけれど、真面目に働いている人が、たまには美味しいものを食べたり、買い物を楽しんだり、きれいなものを…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

おばあちゃんのプレゼントが微妙でも(笑)、まぁ、ずいずいは幸せなのだ。

ずいずいの小学校では、今、サンタクロースについて、“いる派”と“いない派”に分かれてたびたび議論が勃発しているのだそう。 「DSをサンタさんにお願いしたのに、もらえた子・もらえなかった子がいるのはおかしいよ。サンタさんがいるなら、全員もらえるとか、全員もらえないとか、基準があるはずでしょ。実は、プレゼントは、お父さんやお母…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

聖ニコラウスさんの季節

ああ、今年もまた近づいてきた。あのシーズンが。 NORAD(北米航空宇宙防衛司令部)の、サンタさんの情報を鵜呑みにしていたり。 http://momonga-zuizui.at.webry.info/201012/article_6.html 世界中の子どもたちにプレゼントを配るには、サンタさんは1万数千人は必…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

自分一人のモノサシなんて小っちゃいのだ。

友人Kさんのおかげでご縁が出来たLさんが、最近、職場(某公立小学校)の職員旅行で函館に行ってきた。Lさんが最も印象深かったのは、トラピスチヌ修道院だったそう。 正式名称は「厳律シトー会天使の聖母トラピスチヌ修道院」。シトー会は特に戒律が厳しいそうで、一度ここの修道女になると壁内のみの生活となり(選挙などごく一部の用事の時だけ外…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

心地よく枯れていきたい。

キャサリン・ハムネットだったかマーガレット・ハウエルだったか忘れてしまったが、イギリスのファッションデザイナーの自宅が雑誌で紹介されていて、枯れた花が花瓶に飾られているのが印象に残った。片づけるのを忘れているとか掃除をさぼっているとかではなく、枯れた花には枯れた花なりの美しさがあるから、と。こういうのって、最近の日本人にはない感…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

実現するものなんだねぇ…。

●子どもの頃、「ポンジュース」が好きだった。駄菓子屋で買える「ファンタオレンジ」よりも、お米屋さんが届けてくれる「プラッシー」よりも、オレンジのトレードマークが可愛かった「バヤリースオレンジ」よりも。「愛媛県では水道ならぬ“ポン道”があって、蛇口を捻るとポンジュースが出てくる」なんていう噂を聞き、「嘘に決まってるけど、地域や期間…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

山森樹さん、安らかに。

神奈川県三浦市「山森農園」の代表者・山森樹(たつる)さんがお亡くなりになりました。農作業中の不慮の事故だったそうです。まだ50代。残念でなりません。 つい先日、プライベートで三浦に出かけた時に、山森さんのことを思い出していたのに、連絡はしないままでした。毎年、11月初旬には、山森さんの野菜が入った“お正月野菜セット”のコピーを…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

教養ってなに? ~たとえば、ハンプティ・ダンプティ

3ヶ月くらい前だったろうか、ずいずいが、「ママ、教養ってなに? 一般常識のこと?」と質問してきた。 改めて訊かれると、自分でも、「教養ってなんだ?」と考え込んでしまう。確かに、一般的には「一般常識がある人=教養のある人」という解釈で問題はないと思う。でも、厳密に言うと、それだけじゃないよなぁ…とも思う。 私「確かに、…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

南三陸町と陸前高田市に行ってきました。

もう2ヶ月と20日もたつというのに、まだまだ、どこまでもどこまでも瓦礫の山が続いていることとか。 「町とか、海とか、家とか地域とか暮らしとか、そういうものもまた“死ぬ”ってことがあるんだな…」と思ったこととか。 それを見ても、悲しいとか悔しいとかいう感情がにわかには沸いてこなくて、しいて言えば、ただただ、“虚…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

LA VIOLETERA

(ケータイでご覧になっている方は、こちらへ → http://youtu.be/YbLW7qPhWVk) 昨日、JRを乗り継いで実家へ。成田あたりから東へ向かうにつれ、壊れた屋根をブルーシートで覆い、石や土嚢で押さえつけてある民家が目立つようになってきた。屋根が壊れたままだなんて、落ち着かない毎日だろう。修理のための資材も人手…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

「てんかん」と筒井康隆断筆事件

1993年9月、人気作家であった筒井康隆氏が、作家活動をやめると断筆宣言した。ことの起こりは、同年7月8日、日本てんかん協会が、角川書店発行『高校国語Ⅰ』に収録されていた「無人警察(筒井康隆:著)」がてんかんに対する差別を助長するとして削除を要求したことから。 「無人警察」のあらすじは、こんなふう。…… 近未来のある日ある時、…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

原発、トイレの詰まり、豚キムチうどん、ヴァイオリン。

地震・津波から19日目。テレビをつければ、被災者の近況よりも、まずは原発のことがトップニュースになっているこの頃。 雑誌やネットで色々な情報を拾い読みしているうちに、「震災対応で政権浮揚をもくろむ菅首相が、何でもかんでも自分で仕切ろうとし、結局、事態を悪化させてしまった」というのが真実らしい…ということが分かってきた。 「3…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

人に優しく。(Whenever you feel like criticizing any one

停電やるって言ったり、やっぱり中止になりました…になったり。 赤ちゃんは水道水を飲んじゃダメって言ったり、翌日には「基準値以内に下がったからやっぱり飲んでもいいです」になったり。 震災から2週間もたっているのに、物資がほとんど届かず孤立している地域があると聞けば、「21世紀の日本だろここは!?」と憤ったり。 あ…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

strong in the rain

定番過ぎて、わざわざUPするのが恥ずかしいくらい。 でも、世の中のあちこちが、うっすらピリピリし始めた感のある、こういう時はやはり染みる。 本当に、こういう人に、私はなりたい。
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

地震の記録(2)

一部の施設が壊れたり火災が発生したりしたものの、その後の報道からも分かるように、東京は、地震による直接的(物理的)なダメージはそれほど大きくなかった。東京の恐ろしさは、「どこよりも人がいっぱいいる」ってことだ。特に、「昼間東京で過ごしていた人数が、夜間も過ごせるわけではない」ってこと。昼と夜のキャパシティーが全然違う街なのだと痛感した。…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

地震の記録(1)

ケータイの着信履歴を見ると、「03/11(金)14:46」になっている。都内で会議をしていた私のケータイに、ずいずいから電話がかかってきた着信履歴。「今日、あなたが帰ってくる時、ママは留守にしているから、おばあちゃんちでお留守番しててね。とりあえず、H駅(我が家の最寄り駅の1つ隣りの駅。ずいずいはそこで別の路線に乗り換えて通学している)…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

“綺麗事でメシを食う”ことのリスク。

自分が関わったことのある人が、殺されたことはありますか? 私はあります。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ バレンタインデーはチョコレート会社にとっては一番のかき入れ時。でも、今、人権活動家たちが、「原料のカカオがどのように生産されているか考えてほしい」と訴えているそう。 たとえば活動家団体「グリーン・アメリカ」…
トラックバック:0
コメント:39

続きを読むread more

ダメ母。

土曜日に学校行事があって登校したので、今日、ずいずいは代休。朝からのんびりと本やマンガを読んでいた。私は朝から、少しずつ仕事を片付けていた。〆切は待ってくれない。 お昼前、ずいずいに、「お弁当屋さんに行ってきて」と頼んだ。弁当屋はうちから徒歩1~2分のところにある。味はいまいちだけど、夜にもうちょっとちゃんとしたものを食べればいい…
トラックバック:0
コメント:43

続きを読むread more

“共感”とか、“寄り添う言葉”とかいうようなもの。

昨日、MRI検査を受けた。所要時間は30分強だったろうか。狭い空間にいるのも退屈するのもストレスには感じないが、枕の具合が悪かったのか、乗り物酔いのように気分が悪くなった。結果が出るのは10日。昨日からは左手(腕でなくて手先)が少し痺れるようになってしまったので、楽観的になれる状況だろうが深刻な状況だろうが、早く結果を知って、それに合わ…
トラックバック:0
コメント:41

続きを読むread more

「風とともに去りぬ」的アンビバレント

友人のあんこさんと話していると、よく、「結婚して何年もたっているのにラブラブな夫婦」とか、「子どもの学校行事には必ず有給休暇をとっちゃうような子煩悩なパパ」とかの話題になる。数年前までは、「私たちはどうしてそういう優しいダンナをgetできなかったのかしらねぇ?」という会話をしていたのだが、ここ1~2年は違う。ある時、私たちは気づいてしま…
トラックバック:0
コメント:26

続きを読むread more

タイガーマスクの会

なんか、一過性の流行りモノって感じがして、ついつい天の邪鬼な目で見てしまいがちな自分もいるのだけれど。ランドセルを背負ってものすごく嬉しそうにしている子どもたちの顔を見たら、「こんなふうに心から喜んでいる子たちがいるのは事実なのだ」と思った。 伊達直人さんたちが寄付をする動悸は色々で、中にはもしかしたら「なんか今、はやってるし~」…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

BBQ

土曜日、ヲットの職場の方々とBBQパーティーを。場所は、某所にある公務員住宅のルーフバルコニー。最初は公園のキャンプ場を借りる予定だったのですが、結局こちらのほうが何かと融通がきいて便利でした。足りない調理器具はちゃちゃっと調達できたし、スーパーやコンビニも近かったし、なにより、ちびっこ達が迷子になる心配がなかったので。 …
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more

国語力の問題

●「一生を台無しにするぞ」 大阪府警東署刑事課の警部補と巡査部長が、遺失物横領容疑で会社員男性を任意で取り調べる際、取調室で大声で怒鳴ったというあの事件。「警察をなめとったらあかんぞ。殴るぞ」「一生を台無しにするぞ」「家族までいったる」などと怒鳴ったり、物を叩いたりする音がニュースで報道されていた。 確かに、国家公安委員会が…
トラックバック:0
コメント:36

続きを読むread more

文明と文化(…などと書くとたいそうな話のように聞こえるが…)

…というわけで、「平日はDSはしない」というところに着地したずいずいのDSライフ。パソコンは昨日も書いた通り学校の指導にお任せすることにしたし、携帯電話は入学前から持たせていて(電車を使って遠くまで通学するので必須アイテムとして早めに持たせて使い方を練習させた)中毒期はとうに過ぎているので、これで一通り、ずいずいの“機械入門”は済ん…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

これはもう、尊敬に値する域。

「Yahoo!MUSIC」のQ&Aコーナーから。これ、自作自演のネタでないとしたら、すごいと思う。( http://music.yahoo.co.jp/answers/dtl/1037018615/ ) Q:曲名を教えてください!ピアノの曲だったと思います。   いきます    ちゃららららんららん ちゃらららら…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

場違いな人々

金曜の夜、お台場、フジテレビ前の海辺。 見渡す限りカップルだらけの中を歩く、身長差50cmの、同じ顔の2人。
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

これなら目玉オヤジのほうがまし。

ロンドン五輪・パラリンピックのマスコットキャラクター、ウェンロック(左)とマンデビリーだって。 ……可愛くない。 ……てか、怖い。トレハ星人のほうがまし。 日本が誇る妖怪界の重鎮、目玉オヤジさんのほうが数段洗練されてる。
トラックバック:0
コメント:19

続きを読むread more

5月の徒然(2)

●父:「ホンマにいいんだな、中古で?」 娘:「中古がいいの! パパは中古の良さを知らないのよ!」 中古車『ガリバー』のCMを作ったプランナー、なんて旬な人選。東尾監督は当初、娘の結婚に関して渋い顔をしていたらしいが、こういう冗談CMの出演を承諾したということは、今は家族は円満なんだろう。良かった良かった。石田純一って…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

5月の徒然

●永田町じゃ最近、「鶴は千年、亀は万年、鳩は一年」…っていう言葉が流行っているとかいないとか。…支持率が下がっただのなんだのって報道してる多くのマスコミにも、民主党の迷走ぶりを批判してる多くの有権者たちにも、「去年の夏、『いっぺん民主党にやらせてみよう』『いま、民主党に追い風が吹いている』みたいな論調の報道を繰り返したのは誰よ?」「…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more