人に優しく。(Whenever you feel like criticizing any one

画像

停電やるって言ったり、やっぱり中止になりました…になったり。

赤ちゃんは水道水を飲んじゃダメって言ったり、翌日には「基準値以内に下がったからやっぱり飲んでもいいです」になったり。

震災から2週間もたっているのに、物資がほとんど届かず孤立している地域があると聞けば、「21世紀の日本だろここは!?」と憤ったり。

あいかわらずJCのCMはダサくて偽善っぽくて気持ち悪くて「国民を幼児扱いすんな!」みたいなものが多いけど、こんな時に文句を言ったら「そんなことでイライラするなんて料簡が狭い」と批判されそうだからと我慢して、TVにいちいち「うっさいわ!」と当たってみたり。(←それは私ですすいません…)

「なんで23区は停電まぬがれてるんだよ住宅街は停電するべきだろ」と不公平感にムカついてる人も多いみたいだし。

原子力保安院のあの人が、こんな時にも関わらず、へんなヅラをかぶっていたり。(←大きなお世話ですねすいませんもう言いません。)

「不謹慎だ」とかなんとかピリピリして他人を批判してるのは、被災地以外の人ばっかりだな、暇なのか仕事しろよ…とウンザリしたり。(あ、それも私ですすいません…)

心配のタネにもイライラのタネにも事欠かない今日このごろ。


昨日、義母のおつかいで銀行に行ったら、ものすごく混雑していて(停電中は業務が停止してしまうから)、何か心配事がある様子で窓口で要領悪くモタモタ質問している女性に、待っている人たちが聞えよがしに文句を言っていて、その場の空気がすさんでいた。(「みんな待ってるんだから早くしろよ!」「そんなことは今日じゃなくたっていいだろ!」「頭悪いんじゃないの!?」……等々) 

凹んだりパニック起こしたりしている人たちがいて。

「そんなことくらいでガタガタ騒ぐんじゃないよ」とイライラする人がいて。

そうやってイライラする人を見て、「そんな言い方ってないだろうよ」とイライラし始める人がいて。

五十歩百歩。明日は我が身。

弱ってモタモタしている人と同じくらい、それを見てイライラしちゃう人も、疲れがたまって壊れかかってるのだと思う。タンパク質・ビタミンB・カルシウムは大事。それから深呼吸と気分転換。


今日、原稿を書くために、参考資料を探してあちこちひっくり返していたら、学生時代に使っていた古いボロボロな英語の辞書が出てきた。ポケットサイズの「コンサイス英和・和英辞典」。懐かしさにパラパラとめくっていたら、余白にこんな文章が書いてあった。

「Whenever you feel like criticizing any one , just remember that all the people in this world haven't had the advantages you've had.」 ~誰かを批判したくなったら、みんなあなたほど恵まれた環境にいるわけではないことを思い出しなさい。

フィッツジェラルドの『The Great Gatsby(華麗なるギャツビー)』の中の文章。原書で読んだ時に、心に残って書き留めておいたのだった。10代の頃の汚い字で(今も相変わらず字は汚いのだが)、エンピツで書いてあった。

今日、この文章を久しぶりに見つけたのは、偶然じゃないかも。

みんなが、ちょっとずつ、弱っている。空気中のビタミンみたいなものが足りない。

だから、人に優しく。

人に優しく。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

つーじい
2011年03月24日 17:09
「なんでアンタがイライラしてんだよ?」って人がイライラしはじめてません?ずっとTVやネットに張り付いてて情報過多なんじゃなかろうか?

被災地はまだまだ先が見えないけど、それ以外の人間はもう、「にわか震災評論家」をやめて、他人の批判や世話焼きもやめて、とっとと自分の仕事をしたほうがいんじゃね?やることないヤツは黙って本でも読むとか散歩するとかしろってんですよ。

騒ぐな! 静かに暮らしたいんだよ!

って、アタシが一番イライラしてる?
すみの
2011年03月24日 17:56
地震と地震の後の騒動、そしてさまざまな情報やデマが嵐のように飛び交う日々、さらにおさまらない余震。みんな疲れてきているのかも知れません。

「誰かを批判したくなったら、みんなあなたほど恵まれた環境にいるわけではないことを思い出しなさい。」

すごく良い言葉ですね。僕もイライラしそうなときは、思い出したい言葉です。
かおり
2011年03月24日 18:24
タイトルにひかれてmixiから飛んでまいりました。
社内でも、いろんな形で対立構造ができたりで、確かに空気中のビタミンのようなものが不足している気がします。停電する地域に住んでいる人、そうでない人。仕事柄在宅で仕事が出来る人、できない人。情報をまじめに受け取る人、はなから信用していない人…。
「人に優しく」。いい言葉です。もう一つ心に留めているのは、ネットサーフィンしやすい環境にいるため、自分への戒めを込めて情報におぼれぬよう「優先順位を考えて過ごそう」です(笑)
モモ
2011年03月24日 23:37
>「なんでアンタがイライラしてんだよ?」って人がイライラしはじめてません?ずっとTVやネットに張り付いてて情報過多なんじゃなかろうか?

被災地はまだまだ先が見えないけど、それ以外の人間はもう、「にわか震災評論家」をやめて、他人の批判や世話焼きもやめて、とっとと自分の仕事をしたほうがいんじゃね?やることないヤツは黙って本でも読むとか散歩するとかしろってんですよ。



激しく同感です

時間に追われて停電に追われ、あれ?停電に追われるから時間に追われるのかしら?今月は気づいてみたらもう月末です。

明日は世間一般は給料日です。

こんなに有難い給料日は人生始まって以来です。ダディ、ありがとう
ももたろう
2011年03月24日 23:45
モラ夫も考えようによってはかわいそうな人なのかもしれません。愛情豊かとは言えない両親のもとで育って、コミュニケーション能力が低いまま大人になって。職場では自分でも気付かないうちに浮いてしまって仲間外れにされて。だけど自分が仲間外れになってると分からなくて、あいつらはバカだから相手にしてられないみたいなことをうそぶいて。

かわいそうな人。

でも、だからといってやり直そうなんて思えない。私に出来ることは、しつこく憎み続けるのをやめることくらい。憎んできたエネルギーを、これからは自分と娘の未来に使います。
冬将軍
2011年03月25日 03:59
人に優しく……したいけど、無制限に優しくした結果が現在のありさまだと思うと、やはり無理だ。(ー ー;)

ダメなものはダメと言って上げる優しさもあることを知っているからだし、甘えさせることが優しさだとは思えない。

銀行の件も、質問で長くなったら他の人に迷惑…と思えない人間性がそもそもの発端であって、そういう人を悟らせずに放置するのが優しさと、間違った意識が根付いた結果が罵声を産んだことになる。

悪戯した子供を近所の大人が叱るという、当たり前の景色が消えた時点で、オカシイと思わなければならなかったのに、面倒だから…で放置した結果が、マナーが悪くて電車内でイザコザが起こる原因にもなってしまっている。

隣近所にどんな人が住んでいるかも知らず、遠い地域の心配ばかりすることが優しさだと思ってしまう。それを誘発するニュースの作り方。

茨城県でも千葉県でも、被災地と被災者は居るのに、ニュースに流れなければ気が付かないことを恐ろしいと思う。

どこから見れば正しい見方になるのか、いまだに判らないし、一生判らないままかもしれない。何も出来ないことの方が多いだろうとは思うが、間違いがナゼ間違いなのかも気が付かないうちに、黙ってしまうことだけはしたくないと思う。

言い訳や話のすり替えを用意した狡猾な者が増えているが、そういった卑怯者に唯一勝てる方法は、勇気を持って間違えを受け入れることだけだ。

卑怯者は間違えを認められない。だから様々な言葉で責めてくるだろう。それを避けるのではなく、全て認めてやり直す勇気。それだけが盲目な臆病者を意に介さず、我が道を歩める力になることを知って欲しい。

間違っている者が居るから、間違いだと気が付く。誰も間違わない状態など、薄氷の上を誰が先に落ちるか我慢比べをしているだに過ぎない。そこに正しい人間性は無い。
kay
2011年03月25日 10:35
先日、夕方に娘達を小児科に連れて行ったときのこと。
そこの小児科はネットで順番予約できるので、待合室がぎゅーぎゅーに混む事はそれ程ないし、待ち時間がどれ位かもわかるんです。
その日は若干混んでたので、私や娘達は15分程待ったのですが、その間、周りのお母さん達がとてもイライラしてるのに驚きました。幼稚園位の子がちょろちょろして怒ってる母がいれば、小学生の男の子(たぶんインフルエンザ)を怒っている母もいて。
確かに落ち着きない子達だったけど、なんでそんなにイライラしてるんだろうって思いました。

こちらでもイライラする人が増えてるのかなぁ・・・。
さち
2011年03月26日 07:44
つーじい

強力なリーダーシップを発揮している人がいないから、発表する情報の取捨選択が出来ていないし、発表する時の言葉の選び方も下手。政府や東電の言うことはもう信じられないという世論も高まっている。ネット上はにわか評論家やにわかモラリストが溢れてる。

だから、地震でも原発でも、新しい情報が出回るたびに人々が右往左往するし、「不用意な発言をしたり泣き言を言ったりすると叩かれる」って懸念があってモノを言いにくくなる。空気がなんとなくピリピリしてる。

マイナスイオンがいっぱいあるところに行きたい。
さち
2011年03月26日 07:51
すみのさん

余りに余震がひどいので、あっというまに、“震度3以下は地震にあらず”みたいになっちゃいましたよね。でも、こんなに頻繁に揺れを体感しているのだから、自覚はないかもしれないけど、生き物として相当ストレスを受けていると思うんです。

そこに、物流停滞や停電による不便だの、原発の不安だのがプラスされてるんですから、精神的なのりしろが小さくなってる人は多いと思います。

こんな時こそ、すみのさんの得意分野、“小ネタによる笑い”みたいなものが潤滑油になるのかも。
さち
2011年03月26日 08:01
かおりん

情報収集はもちろん大事だけれど、地震以来、それが生活の主軸になってしまっている人が多すぎるような気がします。「この人、一日中ネットに張り付いてんのか?」みたいな人が多い。

本当は、「みんなで安全と安心を取り戻す」ための情報収集だったはずが、いつのまにか、「誰がいち早く正確な情報を手に入れるか選手権」みたいになって出遅れた人を嘲笑する気配があったり、ある一派の考え方に染まりすぎて真実をとらえにくい状態になっていたり。

報道する側は、ニュースをドラマ仕立てにしようとしないでほしい。危機感をことさら煽ったり、被災地を美化して視聴者を泣かせよう泣かせようとしたり、“衝撃”や“感動”を無理やり与えようとしないでほしい。誇張も縮小も隠蔽もしないで、起きていることを、起きている通りの大きさで報道してほしい。レポーターやキャスターが主観や好みをてんこ盛りにしないでほしい。
さち
2011年03月26日 08:09
モモちゃん

モモ宅のダディも忙しそうですね。体壊さないように気をつけてほしいね。

まだまだいろんなことが不安な毎日ではあるけれど、心配してピリピリしてても何かが好転するわけじゃないもんね。それぞれが、日々、やるべき仕事をやっていくしかないのでしょう。私は文章を書き、モモちゃんは英語を教え、パパたちは職場で頑張り、子どもたちはしっかり食べてしっかり眠っていっぱい笑う。それが大事。
さち
2011年03月26日 08:24
ももたろうさん

“人に恋する”ってのは誰にでも出来るけど、“人を愛する”ってのは、経験やコツが必要なように思うんです。幼い頃から親に良質な愛情を注がれて育った人というのは、愛情の表し方も、受け取り方も、やっぱりうまい。そして、そのことが相手を満たすし、安心させもする。

あと、愛情とか愛着って、かけた手間ひまにけっこう比例するような気がします。だから、“形から入る”っていうか、“形を維持する”って努力も必要なのかも。相手を大事にしているような言動を繰り返していると、脳もちゃんとその気になるんじゃないかと。幸せになる能力が高い人って、身近な人に、ちゃんと臆面もなく“気にかけてるよ”ってことを伝えられる人なのかもしれません。
さち
2011年03月26日 08:36
閣下

バカにはちゃんと「あんたバカなことしてるよ」と分からせてやる、あほガキはちゃんと叱ってやる……ってくらいの親切は、もちろん必要だし大事。私もそう思ってます。

ただ、そこに、なんらかの理由で“八つ当たり”の要素をからませるのはダメですよね。最近(あの地震からしばらく経過した今)、自分の不安や不満で人に狭量になっている人々が町に増殖しているように見えるんです。そのせいで、普段ならちょっとした静電気でピリっとくるだけで済んでいたことが、落雷レベルの騒ぎになったりも。そのことがイヤなんです。

だから、私がここに書いた“人に優しく”というのは、“バカを放置して甘やかす”ってことではなく、「まず、そのイライラの根っこを見ましょうよ。あなたの怒りの原因が、すべて、目の前にいるその人のせいなのかどうか自分に問うてみましょうよ。そうすることで、怒りを野放しにするのはやめましょうよ」みたいなことを言いたかったんです。
(続きです)
2011年03月26日 08:45
遠くにいる被災者には、(たとえそれが見ず知らずの人であっても)いろいろ気遣ってあげることが出来るのに、自分が日常的に接する人々に対しては狭量で辛辣…って人々、増殖してますよね。なんか偽善っぽいというか、視点が偏っているというか。

被災地への義援金やボランティアはもちろん大事。だけど、手の届くところで弱っている人や困っている人に優しくしてあげることをおろそかにしちゃうのはヘンですよね。隣家にネグレクトされて飢え死にしそうな子どもがいるのを放置して、ユニセフに寄付して悦に入るようなことをしちゃいかんよな、それは愚かな自己満足だろう、と。
さち
2011年03月26日 08:54
kayさん

被災地とは異なる理由で、被災地以外の地域にもピリピリが広がってるような気がします。

それはもしかしたら、最初の地震のショックが少し落ち着いて、日常生活に戻りつつある今だからこそ、なのかも。大地震の直後はショックが大きすぎて、1人1人じゃ心細すぎて、多くの人が一時的に寄り添ったりいたわりあったりした。だけど、その時期を過ぎて日常を取り戻しつつある今は、“緊急時”の魔法がとけてしまったのかも。そして、“日常”のはずなのに、かつてなかったような不安や不便がのしかかっていることにイライラしちゃうのかも。