“綺麗事でメシを食う”ことのリスク。

自分が関わったことのある人が、殺されたことはありますか? 私はあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

バレンタインデーはチョコレート会社にとっては一番のかき入れ時。でも、今、人権活動家たちが、「原料のカカオがどのように生産されているか考えてほしい」と訴えているそう。

たとえば活動家団体「グリーン・アメリカ」は、消費者からハーシーの経営陣に直接電子メールを送り、“児童強制労働とは無縁であるというお墨付き”のカカオを使用するよう要求すべきだと訴えており、7日までに1万通以上のメールが送られたそうだし。(ハーシーの広報担当者は、同社はカカオ生産地で搾取的な労働が行われないよう手助けしており、生産技術や教育に役立つ支援も行っていると反論している。)

別の活動家団体「Avaaz」に至っては、コートジボワール産のカカオをボイコットするよう主張(同国は世界第1位のカカオ大国で、昨年は120万トンを生産)。“長年内戦の続くコートジボワールでは、昨年11月の大統領選挙で国連が認めた投票結果では敗北となったバグボ大統領が引き続き権力の座にあり、国際社会から辞任の圧力にさらされている。同国のカカオは、バグボ政権の資金源となっている”というのが、不買運動の根拠。

確かに、どんな問題でも、まずはそこに問題があるのだということを提起するのが、解決に向けての重要な第一歩なのだけど。「望ましくないやり方であっても、それでごはんを食べている罪のない人たち」のケアはどうなっているのかが気になる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

十数年前、会社員をしていた頃、南米の珈琲豆を輸入する仕事の担当をしたことがある。当時は「フェア・トレード」なんていう言葉も概念も日本にはあまり浸透していなくて、一部の市民運動家だの、オーガニック食品に詳しい人間だのが知っているという程度だった。

輸入するのは、ペルー・メキシコ・グァテマラの3国で有機栽培された珈琲の生豆。当時、それらの国の珈琲ビジネスはすべてマフィアがからんでいて、怖ろしいほど安い価格で農民から買い取っていた。さらに、政府高官が薬品メーカーやマフィアと癒着していて、先進国では既に販売しにくくなっていた強い農薬を、「これを使わなければ虫や病気が発生するのだ」といって農民たちに買わせ、半強制的に使わせてもいた。ただでさえ利益の薄い珈琲生産者に、農薬の経費が重くのしかかる。それだけでは食べていけない農民は、大麻栽培などに手を出すしかなくなる。大麻ビジネスで、また、マフィアが潤う。

「搾取されている農民たちが正当な報酬を得られるように」「農民がマフィアの資金獲得に利用されないように」「不必要な農薬など使っていない安全な珈琲豆を手に入れるために」…等々の目的のため、アメリカの珈琲メーカーとNGOが現地に農園を持った。マフィアを通さず、農民が珈琲会社に直接珈琲を売るというビジネスを立ち上げたのだ。農薬を使わずに育てたそれらの生豆は、有機認証団体によって検査が行なわれ、「オーガニック農産物である」という承認を得て、より付加価値を増した農産物として流通される。

それに乗ったのが、当時、私が勤めていた会社だった。私の仕事は、現地に駐在しているアメリカ人スタッフ(珈琲会社やNPOの)と連絡をとり、「各生産国の生産者情報や生産履歴を入手し、フェアトレードな商品であることを日本の消費者に伝えること」「3つの生産国からいったんアメリカに集めた生豆を、1つのコンテナにして、日本に輸入すること」「その生豆を日本の珈琲メーカーに卸すこと」「それら日本のメーカーが日本人好みに焙煎した製品を、今度は自分の会社が仕入れて販売すること」だった。「輸送途中で虫などが発生し、日本の港で検疫にひっかかって薬品による燻蒸処理を受けた場合(オーガニックという付加価値を失った場合)、別のルートに安く売りさばく」という道も確保しておかなければならなかった。

「顔の見える関係」をテーマに、国内だろうが国外だろうが、生産者の名前や顔写真、人となり、生産履歴などを積極的に公開していくのが、当時私がいた会社のやり方だった。が、現地のアメリカ人スタッフたちは、「生産者は、顔も名前も公表できない」と言ってきた。「我々の農場で働いている生産者は、マフィアにとっては裏切り者だから、日常的に様々な嫌がらせを受けている。ひどい病気になって病院に行きたくても、それを邪魔されて治療が受けられず重症化した者も出た。だから今、我々は、通院や買い物の時にはクルマで送迎するようにしているし、子どもたちには我々が作った小屋で読み書きを教えている。こういう状況で、“フェア・トレードの珈琲を生産している生産者”と、ヒーローのように日本で顔や名前が出ることは、色々な意味で刺激やリスクが大きすぎると考える。顔が見える関係だということが確認できるよう、あなたには生産者の名前や顔写真を送るが、それは消費者には決して公開しないでもらいたい。念のため、あなたも記事には名前を書かないことをお薦めする」という内容の連絡だった。

それでも、一部の生産者と手紙や電話でやりとりをすることが出来たし(アメリカ人スタッフに通訳・翻訳してもらいながら)、農薬使用の有無や残留農薬等については有機認証団体が検査した際の書類で確認することが出来たから、極めて慎重にではあったけど、輸入販売をスタートさせることが出来た。

が、何度目かの輸入を控えていたある時、悲劇が起こった。いったんアメリカに向けて輸出する生豆を農園から運んでいたはずのトラックが行方不明になったのだ。捜索の結果、運転手(生産者たち)は撃たれ、たくさんの生豆を積んだトラックもろとも谷底に落ちて亡くなっていたことが分かった。

フェアトレードってのは、そういうリスクと常に隣り合わせの仕事だということ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

マフィアだの悪徳政治家だのの息がかかっていない農産物、子どもの強制労働がない農産物、フェアトレードの農産物……というと、先進国の消費者は「いいねえ」「こういうのを選ぶべきよね」と言う。それは良いことなのだ。やはり、フェアトレードはもっともっと広がっていくべきだと思う。

ただ、なんというか、「上っ面だけ見て、フェアトレードじゃないからダメ…とかって、簡単に言ってほしくねーんだよ(←つい言葉が乱暴に…)」って気持ちが強くて、こういう記事を見るとあまり気分がよろしくない。

それは日本の農産物でも同じ。真面目に農業をやって農薬も減らしているけれど、さまざまな理由から(経済的理由、あるいは農業に対する哲学の問題)、あえて有機認証は取得していない…という生産者もたくさんいるのだ。簡単に、「うちは有機農産物じゃないと扱わないんですよね~」って一蹴するバイヤーは、「モノを知らねーなコイツ(←また言葉が乱暴に…)」と思ってしまう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 251

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

この記事へのコメント

つーじい
2011年02月13日 10:51
その記事、どの記者やライターも好意的に取り上げてるみたいよね。素晴らしい取り組みだって。

黒を知ったら、「それはひどい!私たちは白を応援しなきゃね!」っていう、善意の、だけど浅い、そんな人々が多いんだろうなあ。世の中のほとんどはグレーで、そこでしか生きていけない人達がいるってことには考えが及んでない。感情的に流されやすい人々。チャリティーとか大好きで、24時間テレビに涙し、タイガーマスクに感動して手放しで褒め称える人々。

自力でアンテナ立ててなきゃダメだね。浅い知識で書きちらす記者の書くものだけが世の中のすべてだと思ってたらバカになっちゃう。
浅間の風
2011年02月13日 12:07
商売の話ではありませんが、私には、お母様を子どものうちに亡くした知人が三人います。その三人は、それぞれ不幸な、あるいは危うい人生を送り、中でも小学校の同級生は、苦労したあげく、最後は殺されて亡くなりました。

だから私にとっては「Papa told me」はとても読んでいて重い漫画でした。初めて読んで、読んだこと自体に後悔はありません。むしろ小学生までの私と父との関係は「Papa」に近いのです。それだけに、友を思うと辛いのです。
ももたろう
2011年02月13日 12:20
明治やロッテなど、日本でたくさん食べられてるチョコレートの原料はどうなのでしょうか?フェアトレードだと打ち出していないってことは、そうではないってことなんですよね?

それをいきなり買わなくなると、カカオ生産者は確かに生活が困ってしまうのでしょうね。いったい、普通のチョコとフェアトレードのチョコと、どちらを買えばいいんだか分からなくなりました。難しいですね。
さち
2011年02月13日 16:08
つーじい

たとえば、「3年以上、農薬や化学肥料を使っていない畑のものでないと有機栽培とは認証しない」という基準がある。で、それを志して農薬や化学肥料を使うのを止めた生産者がいる。…だけど彼らは、有機栽培と認められる資格を得るまでの3年間も、食べていかなくてはならないでしょ。

急に薬を止めた畑は、まだ自然本来の生態系が戻ってないから(害虫の天敵になる益虫などもいない)、一時的に農産物の品質や収穫量が落ちる場合も多いわけよ。

「有機栽培をしろ、有機じゃなきゃ買わない」って求めるバイヤーなり消費者なりは、じゃあ、立派な有機農産物が出来るようになるまでの転換期を、ちゃんと買い支え続けてあげられるのかと。

“安全な有機農産物が欲しい”“フェアトレードのものを選んで買いましょう”ってのは確かにいいことなのよ。いいことなんだけど、そういう“完成品”を買ってるだけじゃ、ちょっと不十分なんじゃないか、って思ってしまうんだよね。
さち
2011年02月13日 16:30
ももたろうさん

ロッテは海外企業なのでよく分かりませんが、「日本ココア・チョコレート協会」に加盟しているメーカーは、協会を通じて、カカオ生産国で子どもの強制労働を防ぐ活動をしている団体に寄付をしています。

直接、フェアトレードのカカオを使ったものづくりはしていなくても、そのような形で現地を支援している企業は色々あるんです。なので、フェアトレードの製品を買い支えるばかりでなく、そういう寄付や援助をしている企業の製品を買うということも、婉曲的ではありますが、支援につながるだろうと思います。

「フェアトレード製品を扱ってない会社のだからボイコット」という短絡的な発想ではダメなんですよね~。
さち
2011年02月13日 16:37
風さん

風さんは小学校から私立でしたよね。あの時代に私立小学校に通えた子たちというのは、それなりの経済力を持った家庭に生まれ育ったのだろうと思うのですが(少なくとも、喰うや喰わずの生活ではなかったと思われ…)、それでも何かが家庭内で崩れ始めると、そんな悲惨な目に遭うものなのでしょうか…?もしかして加害者は身内?だったら余計に悲惨なことですね…。その方の魂が今は安らかでありますように。

「Papa…」は、ママが亡くなった直後、幼い知世ちゃんが、おばあちゃんに「ここのうちの子なる?」と訊かれて、「ここのおうちも好きだけど、お父さんとお母さんと一緒にマンションに帰るわ」とニッコリするシーンが切ないですね。
nachi
2011年02月13日 17:37
かわいい話ですね
さち
2011年02月13日 18:05
nachiさん

かわいい……ですか??
kazunt
2011年02月13日 19:11
はじめまして。

コーヒーの世界はここ最近がらっとかわりつつあるようです。
その変革をもたらしたCOEの設立に深くかかわった、スージー・スピンドラー氏が、カカオでもおなじようにしたいと言っているのを「コーヒーの扉をひらこう」という書籍で読みました。

ご参考になれば幸いです。
さち
2011年02月13日 22:08
KAZUNTさま

コメント&書籍の情報ありがとうございます。スターバックスをはじめ、グルメコーヒーの需要が高まるにつれ、世界中からコーヒー生産地に向けられる注目度も高まって、産地の状況はどんどん変わっていきましたね。カカオの産地もそうなっていけばいいのですが…。
tarosa
2011年02月13日 22:12
最初から最後まで問われるのは「これで正しいのか?」という自問。
他人に聞くのではなく自分に求める、ね。
谷底に落っこちたって正しいかもしれない、他人は馬鹿だと思っても。でも落ちながら「馬鹿だ俺」って思ったてたかもしれないし。
さんざんうまいことやって安眠する直前に「俺は昔仕事でむちゃくちゃやって」って懺悔するか、まあ後の祭りだけど。
問われるのは本人の自覚と意識で、それに関わってしまうのも本人の自覚と意識だけど、最後に「自分はこれが正しいと思う」って思うのは自分しかないでしょう。
そんなもん、世の中農業以外でもざらにある。
だからこういう書き込みよく見るんだけど、ダカラどうなの?って思う。ブログに書いて告発してうっぷん晴らして終わる?
ここまでやるならもうちょっとほかにできることある…とも思う。
何が正しいかは自分しか決められないから。
さち
2011年02月13日 22:18
tarosaさま

コメントありがとうございます。うっぷん晴らしではないですよ。表面の綺麗に見える部分だけを削り取ったような薄っぺらい記事を見たので、それだけじゃないんだよということを書いたのです。
浅間の風
2011年02月13日 22:31
たまたま、私の知っている、母を早くに亡くした娘たちは、全員ほどなく父親が再婚しているんです。そのあたりが悲劇や危うさの発端なのでしょう。

殺されてしまった同級生は会社経営者の娘で、なまじ資産があったのもよくなかったのかも。今会社はその子の弟が継いでいるそうで、おそらく腹違いの弟だと思いますが、本当のところは分かりません。

だから、「Papa」の場合はあくまでも、お父さんがお母さんを深く愛していたからでしょうが、再婚しなかったのがよかったんでしょう。
浅間の風
2011年02月13日 22:37
トピの件、コーヒーもチョコレートも好きなので、よく考えてみたい。

このところ、ネスレの特注品にはまってしまい、立て続けに買っているんですが、ネスレはどういう会社なのか、とか。

業種は違いますが、好きな靴ブランドのひとつが「ティンバーランド」で、あそこは、環境への取り組みを早くからHPで大きくうたっています。

それもいいけど、世の中には黙っていいことしている企業もいっぱいあるんだろうな、と思うと、複雑な思いにとらわれます。
冬将軍
2011年02月14日 02:00
企業に嫌がらせをしているだけで、活動家などと名乗る偽物が最近多いように思う。
明らかにやり過ぎなのは目に見えている。

怪物と闘う者は、その過程で自らが怪物と化さぬよう心せよ。
私がいつも頭に置いている一文だ。今の過激な活動家は怪物だね。

ダメだから無視をするという、一番楽で粗野な方法しか選べないようなら、最初から活動などするなと言いたい。

何かを変えることは、一生かかっても出来るかどうか判らないことなんだから。

それから勘違いしている者が安直に結論求めて、だからどう?とか言ってるが、何もしない上に見ようともせず一人前の自己主張は笑わせる。

人の頭脳を使って答えを出してもらわなければ、反応も理解もできん奴程度が、見栄だけで意見語ってんじゃない。
うっぷん晴らしてるのは貴方だよ。
木々も見て森もみなければいけない問題の難しさ
2011年02月14日 08:47
 
★★★★★★★★★★
 
フェアトレードだけでなく政治や利権が絡む問題の難しさは知る人ぞ知るというところ。
何につけても「ブーム」で調子に乗ってあれこれ知った様な事を自慢げに言ったり、やったりするのが大多数の世の中。
 
NHKや朝日新聞の貧困や孤独を扱ったキャンペーン的な報道も然り。
 
本質的な事は、その問題に直面している当人達の考え方や認識に(大きな)誤りが有るから、その問題が起こり、長引いたり、悪化したりしている、という事。
 
これに目を向けずに、表面的に対処する……一番悪い例はお金だけ出して終り、という、よく有り過ぎる安直なパターン……人達は、なんともお気楽な存在で、本当は世の中の迷惑至極な存在。
 
★★★★★★★★★★
 
さち
2011年02月14日 09:37
風さん

継母に本当に大事に育てられて、実母と暮らしていた頃よりも情緒が安定したと思われる知り合いがいるので、そのへんのことはもう、相性というか、運の問題になってしまうのかなぁ…。だからといって、殺されてしまうような人生って、やはり特殊すぎるけど。
(続きです)
2011年02月14日 09:48
黙っていいことしてる企業、実はたくさんあるんですよ。でも、欧米に比べて日本の企業って、そういう広報がすごく下手なの。

黙って良いことをやる、良い活動をことさらアピールするのは宣伝ぽくて美しくない…ってメンタリティは日本人の美徳の1つでもあるのかもしれないけど、私は、企業はむしろ、良い取り組みは積極的に世の中にアピールすべきだと思ってます。で、他社を刺激して、後に続く企業を増やしていくことで、援助が盤石なものになっていくよう仕掛けたほうがいいのにな、と。

てか、企業じゃなくて外交もそうですよね。あんなにたくさん中国にODA渡してんのに、知らない中国人が大すぎる。
さち
2011年02月14日 09:56
閣下

表面だけ見て、鬼の首をとったように糾弾するのが多いのは、スクープ競争の弊害でしょうか?浅いですね。

政策の質を問うのではなく、漢字の読み間違いや、不注意による失言などのバッシングに明け暮れる政界もバカみたいで、浅いなぁ、と。

語るべき知識も経験も持っていないのに、もっともらしく言葉を並べて賢こぶるのも浅さが露呈して格好悪いなと。
さち
2011年02月14日 10:09
木々も…さん

コメントありがとうございます。

私は広告屋なのですが、“森の存在なんて想像もつかないまま、木だけを見ている人々”や“森があるらしいことに感づいてはいるけど、自分の暮らしに必要なのは数本の木なので、別に森に興味はない…という人々”をたびたび意識します。そういう人々に、無理やり森を見せるという行為が、どこまで必要なんだろう、って。

結局、まだ、最終的な答えは出ていません。で、現実的には、“伝えるべき層の民度に合わせて情報の質や量を調整する”という仕事になってしまいますね~。

ただ、少なくともマスコミに関わる人間は、森を見ようとしなければいけないと思っています。
浅間の風
2011年02月14日 10:36
継母の件、もちろんそう。父親が再婚したから悪い、っていうような単純な問題ではないのね。

元からあった親子関係とか、継母との相性とかいろいろね。

亡くなった友達とは別の女性は、よくよく話を聞いてみると、実のお母様の性格が少し冷たい人だったみたいで。彼女の心のありようはその辺からも来ているのかな、とか。
浅間の風
2011年02月14日 10:41
企業広報の件。

やっぱりそうなんだ。その辺、いい意味で「国際化」して欲しいなぁ。フェアトレードが悪いって言うんじゃないけど、一般企業で、いいことしている会社の売り上げや儲けを増やしてあげるのは、消費者としてもっとやりやすい。
さち
2011年02月14日 12:15
風さん

>一般企業で、いいことしている会社の売り上げや儲けを増やしてあげるのは、消費者としてもっとやりやすい。

そうなんですよね。日本の場合、20年くらい前は、たとえば、ある企業が環境問題に手を出すと、「廃棄ガスを排出しているアンタの会社がどのツラ下げて環境問題など!?」とヒステリックに反応する自称・市民運動家も多かったんです。でも次第に、「3歩進んでいないことを批判するのでなく、1歩進んだことを評価しよう」と考える人々も増えてきた。その流れは良いことだと思うのです。あとは広報活動なんですよねぇ…。
つーじい
2011年02月14日 12:46
横でゴメン。気持玉100個以上って…いったいなにが起こったの?
さち
2011年02月14日 13:10
つーじい

私も昨日から、何が起きたのかよく分からなかったの。「通りすがりの誰かがイタズラで何個もクリックしているんじゃ?ちょっと気味が悪い…」と最初は疑ったり。「ウェブリブログのトップページでお薦めブログに紹介されたわけでもないようだし、うーむ、謎…」と思ってたんだ。

検索してみたら、偶然読んでくれたどなたかがツイッターで取り上げてくれたのがきっかけみたい。そこから広がって、数十人の方々が、このブログのURL付きでつぶやいてくれたり、ご自身のブログで紹介してくれたり、ブックマークしてくれたり。そうこうしているうちにオリコンのwebの「話題のニュースランキング」のベスト10に入って紹介されてた。普段、このブログを読んでくださってる方々は、少ない日で100人、多い日で500人くらいなんだけど、この日記に関しては、今朝の時点で1万数千人が読んでくれてます。ツイッターの拡散力を身をもって体験しました。
ああああ
2011年02月14日 14:01
何か正義や思想を通そうとしたらやっぱり力や戦う気概が必要になってくるんですな
fester
2011年02月14日 14:35
なるほど、そういうことが起きるんですね。とても勉強になります。たとえ現実はかんたんに変えられないとしても、それを知っているのと知らないのとでは、やはり知っている方が絶対良いと私は思います。頑張って下さい。
ME
2011年02月14日 16:59
語の本義において「政治的」な問題を、個人的な「道徳」とか「心構え」の問題に分解・変換して、結局なんとなく消費してしまうのは由々しきことですね。
さち
2011年02月14日 17:39
ああああ様

コメントを拝見して、パスカルの言葉を思い出してしましました。「力なき正義は無能であり、正義なき力は圧制である。力なき正義は反抗を受け、正義なき力は弾劾を受ける。それゆえ正義を力を結合せねばならない。」
さち
2011年02月14日 17:42
fester様

ままならないことは色々ありますが、ネットで情報が拡散できる今の社会なら、「伝えようとする者」と「知ろうとする者」がいれば、瞬時に情報の共有は出来ますよね。そして、その情報を得た者たちが、それぞれの場所で周囲に語っていって、街の声のようなものが生まれていくと、何かが出来ることもあるのかもしれません。


さち
2011年02月14日 17:47
ME様

個々人の善意から生まれるものはたくさんあると思いますが、それに頼りすぎた活動には持続性がありません(タイガーマスク運動もそうですよね)。大企業とか、あるいは国家とか、組織レベルで動かなければ達成できないことは色々ありますね。ただ、時に、個々人の声が集まって企業や国家を動かすことはあると思いたいです。
通りすがりですが
2011年02月14日 17:59
ツイッターで、「ウェブで読みたいのはこういう話なんだよ」とツイートしている方を見かけて立ちよりました。勉強になりました。ありがとうございます。
さち
2011年02月14日 18:33
通りすがり様

コメントありがとうございました。普段はヲットや娘の愚痴だの、転んで怪我した話だの、半径数メートルで起きたしょーもないことばかり書いています。で、まれに、気が向くと真面目なことを書きます。
175
2011年02月14日 19:05
>「望ましくないやり方であっても、それでごはんを食べている罪のない人たち」
月なみな言い方になりますが、そんな人間はいません。
およそ総ての人間は罪を背負っていて、そしてそれを(例え生きるのに必要だとしても)正当化することだけは絶対にダメです。
それを認めたらマフィアに屈服することになって、結局好ましくない現状は永久に変わりませんもの。

他人事だからこう言うことを言えるんだろう、という批判は想定済みですが、そのとおりです。逆に、第三者の視点を否定したら何時まで経っても問題が解決しないことのほうが多いです。
当事者というのはえてして感情的になりがちですが、正義の為に死ねという事も人道を通す上では必要です。

一つの考えとして参考になればいいです。私も所詮ネットイナゴの一匹に過ぎませんが、それでもさちさんの今後の活動を応援しています。
さち
2011年02月14日 19:16
175様

コメントありがとうございます。

>正義の為に死ねという事も人道を通す上では必要です

そういう考え方をする方もいるのですね。でも私は、政治家でも宗教家でも哲学者でもない普通の農民、妻子を抱えて日々の糧を得るのに精いっぱいという貧しい農民に、「正義とは何ぞや?」と考えさせたり、「正義のために死ね」と、隠密同心のようなことを(すみません例えが古すぎました…)求めるのは酷だし、あまり現実的ではないんじゃないかなぁと思ってしまうのです…。(それは、私が、貧しい農民を見くびっているんでしょうかね? 彼らの中には、正義のために死ぬこともいとわない…というような人がわずかでもいるのでしょうか?)
今年で9年目
2011年02月14日 19:54
先に、記事とあまり関係のない話で申し訳ないのですが・・・。

伊勢丹新宿で毎年サロン・デュ・ショコラというチョコの祭典が催され、フランスはじめ各国からショコラティエが来日し(写真撮影に応じたりサインを書いたりちょっとしたアイドル待遇です)、この会場にしかこない高級チョコ目当てに多くのお客が集まります。
最近目立つのが産地ごとに違うカカオ豆のタブレット数種類詰め合わせで産地ごとの風味を楽しむ、ような商品です。たとえばカカオ75%エクアドル産、マダガスカル産、といったような。
しかし今年、ショコラティエの人たちが「来年はコートジボアールの事情で・・・」といったことを口にするの聞き、検索し、コートジボアールとガーナで世界のカカオ豆輸出の7割を占めること、特にコートジボアールだけで5割弱といっていいこと、コートジボアールのカカオ農園では奴隷や子どもが労働者として働いていること、そして12月の政変のことをようやく知りました。
前述の、カカオの産地ごとの製品の中に、コートジボアール産のものがないのがとても不思議でした。(ガーナ産は少ないながらあります。)
おそらくは記事に書かれたようなことが背景にあるのかな・・・と思った次第です。「新興国台頭による世界的な牛肉需要の高まりで・・・」の続きが「ブラジルで殺人多発」で驚いたことも思い出しました。(ブラジルは世界一の牛肉国で、地価激安のアマゾンを切り開いて牧場にするんだけれど、マフィアがアマゾン開拓反対派を殺すというお話)
同時に、今回コートジボアールで輸出禁止措置が取られたこと、ナマモノを扱うカカオ農園にとって、これらが数年にわたるダメージを意味するかもしれないこと。
一チョコ好きとして、今回のエントリは深く首肯するとともにいろいろ考えさせられました。
さち
2011年02月14日 22:55
今年で9年目様

伊勢丹のそのイベントは私も行ったことがあります。毎年大盛況ですよね。今年はそこまで影響が出ているとは…。問題が長期化しそうなだけに、現地の農家や子どもたちにどれくらいしわ寄せがいくのか気になるところです。
三日月
2011年02月14日 23:45
今朝、フェアトレードのニュースをしてたので、にフェアトレードの説明をしたのですが、「不買運動なんかしたら、強制労働させられてる子たちの収入は今よりもっと減ってしまうのではないか?」と怒り出しました。

それで、さちさんの日記の話もさせてもらいました。
の怒りはおさまらず、そのまま学校に行ったので、私も一日中、もやもやしていました。
そして、まだ、もやもやしたまま。
子どもにきちんと説明も、自分の意見も言えないまま、バレンタインデーが終わろうとしています。
さち
2011年02月15日 13:58
つっきー

生真面目で純粋なちゃんらしいね。

>不買運動なんかしたら、強制労働させられてる子たちの収入は今よりもっと減ってしまうのではないか?

否定するだけなら簡単だけど、その代わりに何か代替案を提示しないと、結局改善されないどころか、さらに厳しい状況に追い込むことにもなりかねないんだよね。「代案の提示」と「移行期のサポート」、問題の大小に関わらず、否定して改善するためにはその2つが必要なんだろうなあって思います。