トリカブト始めました。

画像

お笑いの世界では、「冷やし中華始めました」という歌を最近よく耳にする今日このごろ、私は「トリカブト始めました」。

そう、あのトリカブト。『東海道四谷怪談』で、お岩さんが飲まされたというアレ。韓流ドラマ『チャングムの誓い』では、「附子湯(プジャタン)」という名前で登場し、毒殺刑に用いられていたアレ。和漢生薬の世界では、薬に使う時は「ブシ」、毒として使う時は「ブス」と呼ばれるそう。そもそも醜い顔を表す「ブス」という表現は、トリカブトを飲んでもがき苦しんでいる時の歪んだ顔を表したのが始まりらしいので、その深刻さを考えると、あんまり簡単にブスって言っちゃいけないんだぞ、みたいな。

トリカブトという名は、花の形が、(古来の装身具で今は民族芸能などに用いられる)鳥兜や烏帽子に似ているところから名付けられたそう。英名では「MONK'S-HOOD(修道士の頭巾)」というらしい。

首の椎間板ヘルニアは、どうやら、これといって有効な治療法はないようだ。整形外科では、痛み止め・その痛み止めが胃を荒らさないための胃薬・末梢神経障害(痛みや痺れ)を改善するためのビタミンB12なんかを処方されているのだけど、それでもまだけっこうな痛みを感じる。首を牽引するリハビリは、主治医と話し合って、やらないことになった。主治医によると、牽引の効果はさほど期待できないらしく、医師もその効果についてははっきりと言及できないようだ。「筋肉のストレッチをして気持ちが良いような場合には、首や肩の不快感がまぎれる」とか、「血流を良くすることで若干治りが早くなるかもしれない」とか、そんな程度なので、「引っ張っても気持ちよくないとか、逆に痛みが気になるとかいう場合は、わざわざ牽引のために通院するより、むしろ家で安静に寝ていたほうがいい」と言われた。私は、牽引することでなんだか痛みが増したように感じていたので、もうこれ以上やらないことに。

まだけっこう痛みや不快感は強いのに、もう何も出来ることはないのか?…と思っていたのだけど、マイミクさんのドクターとりんさんから、トリカブトを使った漢方薬に、血行を促す作用や鎮痛作用があることを教えてもらった。たまたま、今日、漢方のかかりつけ医の診察にいく日だったので、私の体質に合うかどうか相談したところ、試してみる価値大だということになり、処方してもらうことが出来たのだ。

まだ1回しか飲んでないのだけど、即効性のある薬らしく、飲んで30分くらいたったら首や肩がポカポカしてきた。そして、雪が降る少し前からひどくなってズーズーとうずいていた肩や腕の痛みが、いくぶんマイルドになった気がする。トリカブト、いいかもしれない。私は疑い深い性格なので、プラセボ効果はほとんどないと思うから、たぶん、効いてるんじゃないだろうか。いや、この際、プラセボでもいい。少しでも楽になるなら。

午前中は整形外科、午後は少し仕事をして、夕方は漢方の医院、それから調剤薬局…とまわり、夜は、しばらくご無沙汰していた鍼灸マッサージの治療院の先生(私は、今、身体の痛みに関しては、この人を一番信頼している。彼が、いつもドクターとりんと同じ意見だというところも安心度が高い)のところに、MRIの結果だの、トリカブトを飲むことになったことなどを報告に行き、メディカルな1日になった。そこで、先生自身も牽引の効果に関しては以前から懐疑的であったこと、たとえばアメリカでは牽引治療はほとんど行なわれていないこと、医師によっては「ヘルニアは、引っ張るよりも、むしろ押した方がいい効果が得られる」という説を唱えている者もいること、ヘルニアがあっても痛みを感じない人や、ヘルニアが治っても痛みが消えない人もいること等を考えると、ヘルニア部分だけの治療を考えるのではなく、血行を良くする治療を合わせて行なっていくことや、全身の状態をチェックしていくこと、長期的には食事の改善や適度な運動で筋肉の質を良くしていくこと
等が必要なのではないか…等々のお話を伺う。(その間、電位治療器の椅子に座って、だらりーんとリラックスしていた。)

そんなこんなで、「イタミちゃん(←と名付けてみた。痛みを嫌ったり恐れたりするとウンザリした気分になるので、機嫌良くフェイドアウトしてもらうために、ちょっと親しくしてみようというスタンス)」とのつきあいは、まだ当分続きそうだ。イタミちゃんのクセを把握して、少しでも楽になっていければと思っている。

トリカブトのことを先生に話した時、「本当は、漢方薬になる前のトリカブトも欲しいんですけどね。けけけ…」と言ったら、「Nさんが言うと冗談に聞こえないから止めてください」と言われてしまった。……冗談に聞こえないらしい……。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

つーじい
2011年02月15日 22:35
トリカブト、キター! ついに禁断の劇薬に手を染めたか…。

でも、効くといいねえ。
つーじい
2011年02月15日 22:39
>漢方薬になる前のトリカブト

入手したらぜひ一報を。高値で買い取りますよ。けけけ。
ムトウ
2011年02月15日 23:29
加工前のトリカブト、もし入手できても、うちのジャイ子(嫁)だけには譲らないようお願い致します。

医師を信頼することと、盲信して治療の選択を丸投げすることとは違うんですね。本気で直したかったら、他人任せじゃなく自分でも調べたり考えたりしてみなければいけないのだと、これを読みながら思いました。
おおむすび
2011年02月15日 23:46
>「イタミちゃん」
おおタイムリーな!と思ったら、「ワタミ」じゃなかったんですね…。
TVでちらりと見ただけですが、外国人を受け入れる国際的な病院を作ろうという番組で、ヘルニア専門の病院が(確か)韓国にあって…と紹介されていたように記憶してます。日本で受けるより手術費用も安く、何より専門病院ならではの…と日本から来たという入院患者が話していました。
冬将軍
2011年02月16日 01:39
ほほう…フグの毒と同じく、日本古来から使用されてきた毒に頼るとは…。(・ω・;)

「トリカブトの…」と名前の前に付くことになるのか。
あんこ
2011年02月16日 06:35
ああ、トリカブト持ってニタニタしてるさちさんが目に浮かぶようだわ(笑)
何に使うのかも目に浮かぶ(笑)
エスパーあんこより。
さち
2011年02月16日 14:06
つーじい

高値で買い取らなくても、自生してるんじゃなかったっけ? …次の週末、採取の旅に出るがよい。
さち
2011年02月16日 16:46
ムトウさん

整形外科という分野は、私にとってよく分かりません。病院の他に、接骨院・カイロプラクティック・鍼灸マッサージ等々、それだけでも色々ありますし。治療する人も、痛む所だけを診る人、全身の状態をチェックする人、色々ですし。

もしかしたら整形外科って、まだまだこれからの分野なのかもしれませんね。色々調べたり教わったりしながら、自分が何と何を取り入れるのか、自分で治療をプログラムしていかなければならないのかも。
さち
2011年02月16日 16:54
おおむすびちゃん

ワタミの社長、仕事でちらっとお会いしたことがあります。その頃から「いずれ出るね?」という気はしていたのですが、一議員としてスタートするものとばかり思っていました。いきなり都知事選とはビックリ。でも、面白くなってきましたね。

ヘルニア、整形外科医はあまり手術したがらないとも聞きます。手術が成功して明らかにヘルニアは消えたのに、依然として痛みを訴える患者もけっこうな割合でいるので、「手術は本当に成功したのか?」みたいな話になるんですって。

ヘルニアって決して珍しいものじゃないのに、まだ未知の領域が多いんですね。血流を良くするとか筋肉をつけるとか、姿勢を見直すとか、いろんなことを平行して治療していかなければダメなんじゃないかと思ってます。韓国のその病院は、どこまでケアしてくれるんだろう?
さち
2011年02月16日 16:57
閣下

とうとうこのよーなものに手を出してしまいましたよ。何か、あやかしの術に使えそうな気がしています(嘘)。
さち
2011年02月16日 16:59
あんこちゃん

何に使うって、こんな綺麗なお花なんですもの、お部屋に飾って愛でるに決まってるじゃありませんの~~~。ヘンなあんこちゃん。

オホホホホホっっっ。
つーじい
2011年02月16日 18:41
もう3回くらい飲んだよね?どう?あんな毒薬をわざわざ薬に使うくらいなんだから、効き目が大きいんだよねきっと。楽になるといいねえ。
さち
2011年02月16日 21:20
つーじい

痛みは昨日よりいくぶんいいかな。このまま効いてくれればいいなぁ。

症状は一進一退だね。仕事でちょっと無理すると乗り物酔いみたいに気持ち悪くなるし、ちょっと多めに歩いて疲れると痛みが増すし。実は今日はあまり体調が良くなくて気分も腐り気味。具合悪い状態に飽きたというか、ウンザリしてるというか。なんか良い気分転換法を見つけなきゃね~。
とりん
2011年02月16日 21:22
あれが効くってことは、基本的には猛烈に体弱ってるってことっす。効いちゃいけないんです。飲んだら副作用出ちゃうくらい丈夫になってください(お互いに・・・・)あったかくてトリカブト無しでは生きられなくなってしまいそうですわ。
さち
2011年02月16日 22:10
とりんさん

いつも色々ありがとう。

トリカブト、効いちゃいけないのか…。まぁ、漢方はみんなそうだよね。健康になってくるにつれて、合っていた薬が体に馴染まなくなっていくんだもんね。

とりあえず、ヘルニア早く治ってほしいなぁ。そしたら、ストレッチだのウォーキングだので、強くて柔軟な筋肉を作っていきたい。そしたら血行も良くなるし、ちょっとぶつかったり転んだりしても、筋肉が守ってくれるだろうから。