「風とともに去りぬ」的アンビバレント

友人のあんこさんと話していると、よく、「結婚して何年もたっているのにラブラブな夫婦」とか、「子どもの学校行事には必ず有給休暇をとっちゃうような子煩悩なパパ」とかの話題になる。数年前までは、「私たちはどうしてそういう優しいダンナをgetできなかったのかしらねぇ?」という会話をしていたのだが、ここ1~2年は違う。ある時、私たちは気づいてしまったのだ。「果たして私たちは、本当にそういう“優しい人”が好きなのだろーか? そういう人と一緒に暮らしたとして、本当にうまくやっていけるのだろーか? →→→ 否。」ということに。

「…でもさ、本当に、いつも妻と一緒にいたがるようなラブラブなダンナが欲しいと思う?」

「…やだー!鬱陶しいというか、他に趣味はないのか、友人はいないのか…と思っちゃう」

「…でしょ? …たいしたことない学校行事にまで、わざわざ有給休暇とってやってきて、喜々としてビデオカメラを構えていたり、レジャーシートの場所取りに命燃やしてるよーなお父さんってどうよ?」

「…会社行って仕事しろよ働き盛りなんだからよ、と思う」

「…思うよね」

「…うん」

「自分の夫に、詩人のよーに、ドラマのよーに、ロマンチックな言葉を囁かれたら嬉しい?」

「ぞっとするね。この人どっかおかしーんじゃないか?悪いモノでも食ったのか?欧米か?…と思っちゃう。…ってゆーか、そういう男は女にマメだから、他の女にも同じよーなこと囁くよきっと」

「…つまりさ、私たちは、世間でいうところの、“優しいご主人”とか、“子煩悩なパパ”とかに魅力を感じてなんかいないんだよ、実は。世間話とゆーか社交辞令で“羨ましいわねぇ”なんて、つい言ってみちゃったりするだけで、本当は心底そういうのを欲してるわけじゃないんだ。心底欲してないものが手に入るわけがないよね」

「…ホントだね~! その通りだよ! 特に公務員なんかは税金でお給料もらってるわけだから、」

「軽々しく仕事休むなよ公僕なんだからよ、って、」

「思うーーーーっ!!」

というような会話をして以来、“優しいダーリン”に関する幻想はキッパリと捨てたのだ。世の中で“getすべきもの”として推奨されているアイテムは、ぼーっとしていると、なんとなく自分も欲しいような気がしてしまうことがあるけど、「これって本当にそんなに良いもの?本当に自分に必要?」とよくよく考えると、色あせて見え始めたりもするものだ。高いお金を払って買ったとしても、いずれ、押し入れの奥で埃をかぶるのがオチだろう。

かつて文学少女だった方々や、映画好きな方々は、「風とともに去りぬ」という作品を読むか見るかしたことがあるだろう。主人公のスカーレット・オハラは、少女時代から、アシュレイという優男に憧れていて、大人になったら当然結婚するものと思っていた。…が、スカーレットのようにエネルギーの固まりみたいな女が、アシュレイのような草食系男子と結婚してもバランスの良い夫婦にはたぶんなれない。アシュレイはそのことを分かっていたから、メラニーという、イライラしそうになるくらい心が綺麗な、良妻賢母型の女性と婚約してしまう。打ちひしがれるスカーレット。

その後、南北戦争のゴタゴタがあり、スカーレットの実家は没落し、生活に困ったスカーレットはお金のために他の男と結婚したりもするのだけど、心の底ではずっとアシュレイのことを思い続けていた。(本当にアシュレイを愛していたのかどうかは甚だ疑問。スカーレットの我儘な性格を考えれば、手に入らなかったがゆえに執着を捨て切れなかった…というのが真実だったかもしれない。)

スカーレットの前には、レット・バトラーという肉食系の男が登場して、「お前に似合うのは俺だ」とばかりにアプローチしてくるのだけど、「自分は草食系アシュレイを愛している」と思いこんでいるスカーレットには、レットはなんとも無遠慮でがさつな男に見える。歯に衣着せず自分の弱点を突いてきて面白がるレットを、天敵のように忌み嫌うスカーレット。その後の紆余曲折を経て、スカーレットが「自分が本当に必要としていたのはレットだったのだ」と悟った時には、時すでに遅し…という結末になるのだけれど。結局スカーレットは、「欲しい(と思っていた)もの」と「本当に必要なもの」との乖離から人生のハンドリングを間違えてしまったのだろう。

私の大好きな『Papa told me』というマンガがある( http://ja.wikipedia.org/wiki/Papa_told_me )。物静かで優しいパパ(職業は作家)と、賢くて可愛い小学生の娘・知世ちゃんの、おしゃれで可愛くて時にせつない父子家庭を描いたもので、下手な純文学よりもずっと文学的で優れた作品だと思っている。そのパパ(的場信吉氏)は、私の、「公称・理想の夫」なのだ。…というか、パパと知世ちゃんのあり方が、「公称・理想の親子像」なのだ。(妊娠し、おなかの中の子が女の子だと分かった時から、「知世ちゃんみたいな娘に育てたい!」と思って頑張ってきたのだが、どうやらそれは失敗しつつあるようだ…。)

“公称”と書いたのは、「どんな男性がタイプなんですか?」と訊かれた時にそう答えているだけで、本音を言えば、「自分はたぶん、的場信吉氏のような人とは一緒に暮らせないだろうな…」と分かってきたから。的場センセイはすごく素敵な人だけど、あんな静かで穏やかな人と一緒にいたら、なんだか落ち着かなくなっちゃう、たぶん。

『エロイカより愛をこめて』というマンガ( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%82%AB%E3%82%88%E3%82%8A%E6%84%9B%E3%82%92%E3%81%93%E3%82%81%E3%81%A6 )も大好きで、子どもの頃から読み続けている。ストーリーの軸は、イギリス人の泥棒・グローリア伯爵と、ドイツの軍人(NATO情報部少佐)・鉄のクラウスの戦い&友情(ルパン三世と銭型警部のような)。鉄のクラウスことエーベルバッハ少佐は、ゲルマン魂が服を着て歩いているような男で、頭脳はキレるものの世情にはうとく、無骨で、女性にも免疫がない。経費の乱用と人使いの荒さから上司との折り合いはすこぶる悪く、有能さは誰もが認めながら出世は遅いため、「万年少佐」と陰口を叩かれている。レオパルト戦車からメルセデス・ベンツまでドイツ製品をこよなく愛し、大金持ちの息子でありながら、好物はフライドポテトとネスカフェのインスタントコーヒー。女性にとっては本当にとらえどころがなく、手に負えない存在だと思う。ロシアの女性スパイが任務を遂行するために彼を誘惑しようとしたが、もちろん失敗に終わる。

モナ・リザの絵を見ても、「太ったおばさんの絵」としか認識しない無粋なこの少佐が、私は気になってしょうがないのだ。草食系で優しく物静かな的場信吉氏を眺めているよりも、たぶんずっと面白いだろうな…と思ってしまう。この“面白い”ってのが、まったくもってクセモノ。「変な人だな」「面白いな」「食えないヤツだな」という方に、ついつい近づいていってしまう、この悪い癖。“面白さ”“変人っぷり”なんて、これっぽっちも腹の足しにはならないっていうのに…。私が“裕福で幸せな有閑マダム”になれなかった原因は、たぶんそのへんにあると思っている。(脱力)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

浅間の風
2011年01月27日 11:17
「エロイカ」妹が好きで、私も全部読んでいますので、よく分かります。あの漫画はもうおしまいなのでしょうか?国際情勢が変わりすぎたからなのでしょうか?私は同業なのでドケチ虫のファンですが少佐も嫌いではありません。

「風とも」小学生時代にリアルで体験しましたので、よく分かります。最後にレッドに愛想つかされるところまで同じだった。

結局私が結婚した相手は、やや草食系なれど仕事もそこそこやり手の不思議男子でした。
かおり
2011年01月27日 11:45
『Papa told me』、私も好きな漫画です。
ホステスをしてお金を貯めた女性が、花屋を開くエピソード、覚えてますか? あの女性と若い花屋さんのエピソードとか好きでした(メルヘン~)
私から見れば(ってお会いしたことはありませんが)、ずいずいちゃんって十分に知世ちゃんぽいですよ
さち
2011年01月27日 12:26
風さん 

小学生時代にスカーレット体験を? 風さんが? …………。リアルお嬢様というのは早熟なのか? でも、ずっと女子校だったでしょう? 相手は? 従兄弟君とか? (根掘り葉掘り…)
さち
2011年01月27日 12:34
かおりん

「Papa told me」を語り合える人がいて嬉しい♪ 月子さんがお花屋さんを開くエピソード、もちろん覚えていますとも。無愛想な猫さんと月子さんが同居に至るまでの経緯もいい。

とにかく、魅力的な登場人物がたくさんいるところが好き。パパの妹・いつもいい匂いがするゆり子ちゃん、薔薇が好きな元・区長さん、話の分かる校長先生、編集の北原さん、イケメン上級生の乾くん、愛らしいお友達・幸子ちゃん、ちょっとシニカルなアリス・カフェのお姉さんたち、給食のメニューを考えている栄養士の先生、心優しいパンクロッカー・マサオちゃん、etc.…。

知世ちゃんのワードローブやお部屋のインテリアも本当に素敵で、読むたびにうっとりと妄想してしまいます。そして、ふと現実に立ち返った時、少々凹みます…。
さち
2011年01月27日 12:38
風さん 再び

エロイカは、2009年(だったかな?)に連載が再開されて、細々と続いている模様。スタート時はソビエトがまだあった時代の世界情勢が下敷きになっていたから、あの雰囲気を保つのは苦しいでしょうけれどね。私は、イギリス情報局の、ちょっとマヌケなエージェント(チャールズ・ロレンス)も好きです。

あのマンガ、少女マンガなのに登場するのはおじさんばかりで、恋愛沙汰がまったくないのがユニークでしたね。
浅間の風
2011年01月27日 13:02
さちさん(ちりんさんも)、

私がTEに入学したのは中学からです。小学校も私立ではありますが、鎌倉にある女子大が旧名だったころの付属小学校、それも遠く離れた山の上にある分校みたいなところ。いい学校でした。

早熟だったのは私ではなくレッドタイプの男の子の方。私は天然発達凸凹ちゃんで、その男の子に面倒見てもらっていました。職員室では、「あの二人は将来きっと結婚する」と言われていたそうです。
浅間の風
2011年01月27日 13:24
早速Amazonで「Papa told me」第一巻を注文してしまいました。面白かったら全部読みます。
さち
2011年01月27日 13:33
風さん

おお、なんだかまるで、昼ドラの初回のエピソードのようではないですか~。ドラマだと、10~20年後に運命の再会を果たすのがデフォですが、そういうのは無かったの?

Papa … は、現代のファンタジーのようなものかも。あんなに素敵なものに囲まれて暮らしている妖精のような少女なんて、たぶんいない。それでも女の子の親としては、出来る限り、ああいう世界観の中で少女時代を過ごさせてやりたい…と、たまに足掻いてみたりしているのです。
さち
2011年01月27日 13:38
あ、私ね、エーベルバッハ少佐を“超オタク版”に変換すると、「デスノート」のLになると思っているのです。だから、Lみたいな人からも目が離せない。
浅間の風
2011年01月27日 14:47
さちさん、

レッド男子、進学先も私の近くにしたぐらいなんですが、何故か卒業間近になって私を見捨てました。以後クラス会にも全く顔を出しません。従って運命の再会もなし。

もしかしたら?という呼び出しが26歳ごろにあったのですが、匿名の呼び出しだったので、ちょっと警戒してその当時の彼氏と一緒に待ち合わせ場所へ行ったら、誰も声を掛けてこなかった。惜しいことをしたかもしれません。

尤も、今の夫が私の本当のタイプだとすれば、レッド男子とはちょっと違います。夫は、もしアメリカに生まれていたらゲイになったかも、と思うぐらいい優しい人です。
あんこ
2011年01月27日 16:57
しくしく(´;ω;`)
優しい男にちっとも惹かれない女・・・。
たまーになら優しい男もいいのかしらね?
この前ね「子どもはいつか独立するよ、そしたら一人で寂しいよ」って言われたの。
どうして?そこからがやっと私の人生じゃない!と本気で思っちゃいました。
おかしいなぁ、大人しい奥様で一生を終えるはずだったのに(泣)
貧乏だけど、大事な物を見極めて生きたいあんこだす。
あ、でもオイルダラーの第5夫人くらいだったら検討するから、よろしくね。
かおり
2011年01月27日 17:52
できちゃった婚前後のどたばた時に、Papa...は処分しちゃったのに、また読みたくなってきちゃった。
何となくPapa...は中古でそろえたい本ではないので、新品大人買いしちゃいそうです(笑)
お花屋さんを開く女性、月子さんでしたね。ああ、懐かしい(と、現実逃避)。
浅間の風
2011年01月27日 18:34
「老後は一人じゃ寂しい」って考え方、私も好きじゃありません。お一人様大好き人間なので。お金はあれば嬉しいけどなくてもなんとかなると思ってるし。
浅間の風
2011年01月27日 21:20
かおりさん、

私も、題名すら初めて知った漫画だけど、何となく中古で買う気がしなくて、新品を買いました。27巻もあるのかな?買い揃えるのはちょっと大変。
さち
2011年01月27日 21:51
風さん…進学先まで風さんに合わせるなんて、幼いなりに相当真剣な恋だったんだねぇ…。その匿名の呼び出しは気にならないでもないけど、なんとなく、やっぱり今のご主人とのほうが穏やかな人生を送れそうな気がしません?? これで良かったんだよね、きっと。
さち
2011年01月27日 21:58
あんこちゃん

老後に1人だと淋しいから…という理由で結婚したり子どもを産んだりするのって、なんかちょっと、計算っぽくて軽くひっかかるんだよねぇ。…いや、そんなことを言うのはいいトシして青臭いのかしら?

でもさ、どれほど仲良しの夫婦だって必ず死別するわけだし、子どもはどこに行ってしまうか分からないし、縛り付けるわけにはいかないんだよね。

…ってか、石油王を待ちつづけるの、いい加減諦めたら?(笑)
さち
2011年01月27日 22:08
かおりん&風さん

新品で大人買い!? すごい……あせあせ(飛び散る汗)

知世ちゃんのお母さんの最初の夫さんが、長い時間を経て傲慢な俺様君から穏やかなおじさまに変化し、かつて愛した女性が遺した知世ちゃんに優しく接する…という回とか。

“父子家庭の子だからダメ”と言われたくなくて(お父さんを悲しませたくないから)、知世ちゃんが、本来は苦手なサマーキャンプみたいなのに参加して、“くそばかばかしい”アクティビティに奮闘する回とか。

好きなエピソードが次々に浮かんできます。
つーじい
2011年01月28日 08:41
頑張って仕事して、成果を上げて認められて、昇進までしたのに、母親は誉めも喜びもせず、「そんなことより早く結婚して孫の顔を見せてよ」と言う。その淋しさ、その脱力感にシンパシーを感じる私はゆりこちゃんファン。

そのゆりこちゃんの最大の理解者で、年の離れた親友でもあるのが、姪っ子の知世ちゃんってのがまたいい。
浅間の風
2011年01月28日 09:11
「Papa told me」第一巻早くも今日届きます、多分。

まだ読んでいないけど、皆さんの感想を読むと、臨床心理士志望の息子にも読ませたい漫画だと思います。
すみの
2011年01月28日 13:28
「風とともに去りぬ」面白かったですよね。たしかにアシュレとレットは対照的でした。懐かしいです。また観たくなりました。最後に観たのが20代前半なので、今観たらきっと違う感想が出てくると思います(^^;)。

パパトールドミーは・・・怒られそうですが、テレビドラマの方を観ていたので、僕の頭の中の知世ちゃんは「大阪弁」です(原作が好きな人には不評だったみたいですね・滝汗)。今度原作も読んでみたいです(^o^)。
さち
2011年01月28日 18:20
つーじい

的場家のママンは、年配の日本の主婦のステレオタイプみたいに描かれてるよね。ああいうママンの元でも信吉氏やゆりこちゃんみたいな子どもが育つのは、あまり登場しない父上がわりとリベラルでインテリ風味な方なんだろうか?
かおり
2011年01月28日 18:30
風さん&ちりんさん
ひゃあ! いつの間に27巻も!?
ごめんなさい…一気大人買いは無理だわ。でもね、新品で、読んだことがなさそうな回から買うわ。いつか皆さんで回覧しましょうか(笑) 
さち
2011年01月28日 18:47
すみのさん

中高生の頃は、スカーレットがただただ馬鹿な女にしか思えなかったのですが、大人になって読み返すと、愚かなりに愛すべきところがある、伊達にレットが惚れたわけじゃないな…と思いますね。あの、肉食獣のような、猛々しいまでの生命力、あのしぶとさ…。

papa…のドラマは、「あんまりだ…」と思いました~(T_T)。
さち
2011年01月28日 18:51
かおりん

掲載誌を変えて、まだ連載が続いてるからね~。独身時代から読んでいるのに、もうすぐずいずいが知世ちゃんの年齢を追い越してしまいます~、
浅間の風
2011年01月30日 16:15
私は一度に全部は買えません。普通の本を注文するときに一冊ずつ買っていこうと思ってます。のだめのときは数冊ずつ買ったけど結局すぐ追いついてしまい、新刊が出るまで辛かったから。

あるつぶやきに書き込んでいて思いました。我が子どもの頃のレッド・バトラーはきっと、私のあまりの俺様ぶりというか猛獣ぶりに、嫌気が差したんでしょう。
さち
2011年01月31日 17:19
風さん

…昔々、風さんは猛獣タイプだったのですね?(笑) でも、めぐりめぐって、今の穏やかで優しいご主人と巡り合うことが出来たのですから、おおむね良い方向に人生が進んでいるのではないでしょうか?