ムーミン屋敷と青梅街道

画像

日曜日、午前中ずいずいはガールスカウトへ。かんたんな昼食を済ませた後、午後は、ずいずいが探したい本があるとかで、ヲットの運転でちょっと遠くにある大きめのブックオフへ。結局探し物はなかったので、諦めてまた別の日に別店舗のブックオフに見に行くことにする。

この時点で午後2時過ぎ。「このままおうちに帰るのはつまんない。宿題も家庭学習も全部済ませてあるから、どこかに行きたい」とずいずいが言う。

ヲット「出かけるなら、水のあるところがいいな」

ず「海の方は?浜辺で遊びたい~♪葛西とか。」

私「ママは今日、貧血気味で超だるいの。こんなに暑い日、こういう体調の時に、海に行くのはしんどい。体がベタベタになるし…。山や川の方がいいな」

…ということで、埼玉西部に向かった。ヲットのクルマはナビがついていないので、地図とにらめっこしながら飯能市の「あけぼの子どもの森公園」(http://kozaru98.fc2web.com/kouen/saitama/akebo/akebono.htm)へ。

緑豊かな丘陵地帯をムーミン谷に見立てて造られた公園。建物の構造や内装がものすごく凝っていて、子どもが入り込んで隠れ家や秘密基地にしたくなるような、一見無駄なスペースがたくさんある。もちろんずいずいは大喜び。子どもだけじゃなくて、大人が見ても満足度の高いものだと思う。

公園内をサラサラと流れる小川は、釣り糸を垂れるスナフキンに会えるんじゃないかと思えるような雰囲気だった。5時閉園なので時間が足りなくて今回は行けなかったけれど、次はぜひもっと早い時間から来て、滝のあるハイキングコースだの、ツリーハウスだのにも行ってみたい。

なにがすごいって、市が運営している公園で、入園料も駐車料金も無料ってところがすごい。飯能市、太っ腹。絶対にまた行きたい。(私はヲットに、常日頃から「ノーム」だの「ムーミン」だのとからかわれており、人間扱いされていない。ムーミン屋敷でも、「初めて来たようなふりをしなくていいよ」「どう?やっぱり懐かしい?」「結局ここは何LDKなの? …考えるふりをしなくていいよ。住んでたんでしょ」と、さんざん幼稚なからかわれ方をしたが、私は良識ある大人なので、テキトーにスルーした。)

その後、青梅へ。私は電車の路線図を元に地理を思い描いているせいか、飯能と青梅がこんなに近いなんてピンと来なかったが、あっという間に青梅街道に出た。今はもう姿を消してしまった“昭和の活気ある商店街”がそのまま残っていて、街自体が映画のセットのよう。時間がなくて、名物の「へそまんじゅう」を買って食べるくらいしか出来なかったけれど、次に来たらブラブラと散策してみたい。

ヲットは天の邪鬼な性格なので、ずいずいや私に接する時は、常にいじめっ子モードだ。こちらに余裕がある時は適当にかわす事が出来るが、PMSだの貧血だのの時はカチンとくる(実際それで昨日も一時的にキレそうになった)。ましてずいずいはまだチビなので、「どうしてパパはいつもアタシに意地悪ばっかり言うんだろう?」としょっちゅう怒ったり涙ぐんだりしている。

…が、ずいずいは知らないのだ。普段は絶対に有給休暇を取らないヲットが、父親参観の時だけは半休を取って学校に出かけることを。今年も、そのために、土曜日に半休を取り、その後会社に行って、日曜日の昼まで仕事をしていたのに(4時間弱くらいしか寝ていないのに)、ずいずいの希望に応えてブックオフだのドライブだのに連れ出してやっていることを。結局、なんだかんだ言ってずいずいの願いは大抵叶ってしまうのだということを。そして、その恩恵にあずかるのは娘だけで、妻であるワタシにはなんの特典もないということを。

かくなる上は、ずいずいの、「一戸建ての豪邸が欲しいの。パパ買ってよ~」という夢が叶うことを祈ろう。

画像
画像
画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

すもも
2010年06月14日 17:19
ムーミン公園素敵ですね。
あまりに羨ましくってコメントしました。
私は幼い頃からムーミンファンなんです。
いつかフィンランドに行ってみたい位大好き。

パパもずいずいちゃんには優しい
ずいずいちゃんの夢1戸建ての豪邸叶うといいですね
あんこ
2010年06月14日 17:26
お~!行った事あるぞ~。私も無料ってとこに、やたらびっくりした記憶がある。のどかでいいよね~。
しかし友人が昨年行った時は、小川の水が淀みきり、とんでもなかったそうだよ。
また綺麗になってよかったわ♪
さち
2010年06月14日 18:00
すももさん

私も子どもの頃からムーミンが大好きでした。日曜日の夜7時半からの「カルピスこども劇場(だったかな?)」は、良質なアニメが揃っていましたよね。フィンランド、ぜひぜひ行ってみたい。一番自然が美しいのはやっぱり夏なのでしょうけれど、やはりどうせ行くならクリスマス・シーズンがいいかな~。

>ずいずいちゃんの夢1戸建ての豪邸叶うといいですね

豪邸でなくていいいから一戸建てに住みたいなぁ…。
さち
2010年06月14日 18:02
あんこちゃん

あんこちゃんが通ってた大学から近いんだよね。今年の1月~5月末まで、ずっと休園だったんだって。その間にあちこち綺麗にしたのかもしれません。無料の公園だというのにお掃除が行き届いていたし、トイレもとても清潔でした。
すみの
2010年06月14日 18:05
うわ~良い所ですね。うちも子供が小さかったら、行ってみたいです。
ムーミンは好きで、毎週見ていたので、懐かしいです(特に3枚目の写真の青い建物)。アニメで見た風景が実際にあるとは・・・。本当にスナフキンが釣りをしていそうですね。そして夜になると、テントの前で焚き火をして、ギターを弾いていそうです(^o^)。
ぴか
2010年06月14日 18:06
建物に入ると、ワクワクしちゃいますよね。何度も連れて行っているのに、息子は全然憶えていないって。これだからオトコノコは甲斐がない。
私達もスナフキンにこそ会えなかったけど、ザリガニ釣りの親子が楽しそうでしたよ。
ちなみに落ち葉の秋や、枯れた冬もお勧めです。
さち
2010年06月14日 18:17
すみのさん

私も、あの青い建物が一番ググっと来ました。「そうそう、こんな感じだったよ~!」って。

前にも言ったことがあるかもしれませんが、すみのさんも弟さんもスナフキン系のお顔ですよね。すみのさんを初めてお見かけした時、「わー、スナフキンみたいな人だなぁ…」って思いましたもん。弟さんは、ステージで8分丈くらいのパンツをよく履いているでしょう? あれがまたスナフキンっぽくて。スナフキンはフォークギターが好きなようですが、ロックの方向に進んだら弟さんみたいになるんじゃないでしょーか?(そうそう、弟さんが表紙の「Ollie」、明日発売ですよね。本屋さんでチェックしまっす)
さち
2010年06月14日 18:21
ぴかさま

おお、何度も行かれてるのですねー。うちは昨日が初めてだったのですが、全然時間が足りなくて、ショップもチェックできなかったし、図書室にも入れなかったのです。もっとゆっくりしたかったとずいずいが落ち込んでいたので、また、近いうちに行きたいなぁと思ってます。

>落ち葉の秋や、枯れた冬もお勧めです。

空気がひんやりと乾く頃(11月末頃?)が良さそうだなぁって思ってました。あったかい飲み物を飲みながら、お弁当食べて、ゆっくりしたいなぁ。
あんこ
2010年06月14日 18:27
再びすまぬ。フィンランドはいいとこです。オーロラを見に行ったあんこですが、同じホテルで一緒だった人がしょっちゅうフィンランドに行くらしく「秋が最高!湖がとにかく美しい」と言ってましたよ。ムーミン博物館にも行ったけど、受付のおじちゃんが、ひたすら怪しい日本語で挨拶をしてきたっけなぁ。
あ、そうそうフィンランドは、らい鳥とトナカイを食いましたうまい!
かおり
2010年06月14日 18:38
これは素敵なスポットを教えていただきました。
我が家はこの週末、自転車を持って狭山湖へ行きました。湖周辺10キロコースをチャリリングです。
他に、多摩湖が近く、トトロの森もあるみたい。
我が家が調べたときに引っかかったサイトをペタしますね。
http://www.totoro.or.jp/intro/index.html
さち
2010年06月14日 18:48
あんこちゃん

あー、そうだったよね、フィンランド行ったことがあるって言ってたよね。オーロラもぜひ見てみたいし、白夜も体験したいし、クリスマスも味わいたいし、秋の湖も美しいのか…。いったい何回行けばいいのだ?
さち
2010年06月14日 18:52
かおりん

所沢・入間・狭山のあたりを通過したんですよ。またまた近くにいたのかも? 出没するエリアがかぶりまくってるので、そのうち本当にバッタリ出会ってしまうかも。その時、もしも鬼のような形相でずいずいを怒っていたりしたら、見なかったことにしてそっと立ち去ってくださいね(笑)。

おお、このサイト、使えるわー。トトロの森も、クロスケの家も行ってみたい。わが家やかおりんのお宅からだったら、「午前中ムーミンで、午後トトロ」という遊び方が出来ますよね、きっと。ずいずい喜ぶだろうなぁ…。
kay
2010年06月14日 19:59
うわ~!素敵な公園ですね。
娘達を連れて行ってみたいです。
札幌にも国営滝野すずらん公園というとても広い公園があって、普通の公園にはないような遊具があるのですが、駐車料も入場料もかかるはず。
同じ札幌市内とはいえ、我が家から車で1時間近くかかるので、数年前に一度行ったきりです。
今度、行ってみようかなぁ?
ムトウ
2010年06月14日 22:09
>結局、なんだかんだ言ってずいずいの願いは大抵叶ってしまうのだということを。

当然です。ずいずいちゃんみたいな子に「パパお願い」と言われたら、借金してでも叶えてあげようと思いますもん。(俺がその気になってどうする?)
三日月
2010年06月14日 23:56
私の友人で、『ウツ』になると、ムーミンにはまる人がいるの。
ほら、ムーミンって、小説のほうは、子供向けっていうより大人向けで、とっても深いでしょ。
そして、どんどんウツがひどくなっちゃうんだけれど、今度、その友人がウツになったら、ここの公園に連れて行ってあげたいなあ。
さち
2010年06月15日 21:01
kayさん

ラベンダーやすずらんなど、北海道はこれからが一番きれいな時期ですよね。空気が乾いてて気持ちいいんだろうなぁ。こちらは今日はものすごーく暑かったです。明日は「雨だけどひどく蒸し暑い」という予報。やんなっちゃう。明日は静岡まで出張です。
さち
2010年06月15日 21:08
つっきー

あー、なんとなく分かるような。本格的なうつ病は経験がないけれど、一時的に鬱状態になった時、ほとんどのTV番組がうるさくてうるさくてしょうがなかったの。音や声はもちろん、色や動きも「うるさい」と感じました。ムーミンって、静かなんだよね、気配が。だから、疲れてる時や感覚がヒリヒリしてる時も、痛くない感じがしました。
さち
2010年06月15日 21:12
ムトウさま

ずいずは、豪華な別荘も欲しいと言ってます(笑)。
じゅり~
2010年06月19日 21:35
おじゃまします。

ムーミン谷(我が家ではそう呼んでいる)、
兄達がビーバースカウト時代に行ったことがあり、
聞かされていたので、
昨年秋に、娘を連れて行ってみました。

すぐ上の兄がインフルエンザに罹り、
治癒したにもかかわらず、
何の症状もない娘が幼稚園から出席拒否されまして…。
行ったのが平日だったもので、全く人気がなく、
娘は、子供たった一人、
どうしてよいやら困った顔をしたまま空間をもて余し、
私は、あまりに食いつきの悪さにがっかりして、
早々に退散しました。

ムーミンハウスって、
子供が潜り込める空間がそこかしこに作ってありますよね。
私が子供の頃だったら喜んで遊んだろうと思います。
きっと子供も何人かで行ったら、
かくれんぼが盛り上がるだろうな。

暑からず寒からずの陽気の良い季節に出かけたらいいでしょうね。
夏は蚊が多そうだ…。

今は子供3人が、
千葉テレビで毎日ムーミンのアニメを見ていて、
すっかりお気に入りなので、
また連れて行ったら、今度は喜ぶかも。
さち
2010年06月19日 23:29
じゅり~さま

おぉ!こんなところまでわざわざありがとうございます。

小さい子って、一人ぼっちでいきなり放牧されても戸惑っちゃうことがあるのかもしれませんね。きょうだい揃ってお出かけしたら、もっと食いつきが良いのかも。

ムーミン屋敷は大人にとっても楽しい構造になってますね。半地下(?)のホールみたいなスペースは、室内楽やホームシアターを楽しむのに良さそう。