文明と文化(…などと書くとたいそうな話のように聞こえるが…)

画像

…というわけで、「平日はDSはしない」というところに着地したずいずいのDSライフ。パソコンは昨日も書いた通り学校の指導にお任せすることにしたし、携帯電話は入学前から持たせていて(電車を使って遠くまで通学するので必須アイテムとして早めに持たせて使い方を練習させた)中毒期はとうに過ぎているので、これで一通り、ずいずいの“機械入門”は済んだのかな、と思う。

今日、ずいずいは、8時までにすべての「things to do」を済ませ、お風呂上り、のんびりと麦茶を飲みながら「ダレン・シャン」を読んでいる。やっぱり、こうやって落ち着いて本を読んだり、音楽を聴いたり、怪しい家庭内新聞を発行したりする時間も必要なのだと思う。「DSは週末」というリズムが我が家の事情にはフィットしているみたい。

今回、DSがやってきたことで色々考えたのだが、私はどうも、「デジタルなツールは“文明”」で、「本に代表される紙媒体や、ボードゲーム(チェスや将棋)などは“文化”」と区別しているようだ。そして、多くのアナログ人間がそうであるように、「文明<文化」と感じている。文明は「生活上の不便や不具合を解消する道具や手段」で、文化は「無くても生きていけるけれど、あると心が耕され、潤うもの」というイメージ。

いや、そんな七面倒くさい話はいいや。要するに私は、「本屋さんで立ち読みに熱中しすぎておもらししちゃったバカ娘」のことも、「粘りに粘ったのにチェスに負けて悔しくて泣くアホ娘」のことも、、「アホだけど愛すべき存在」として容認できるのに、「DSに狂ったように夢中になっているアホ娘」のことは、「なんだか民度が低そうで可愛気がなくて、好きじゃない」というふうに感じてしまい、許容できないのだ。これはひどい偏見なのだろうか? でも、「保護者の価値観や好みの問題だから、これでいーのだ」ってことにしておく。

ずいずい達の学校では、国語や算数や体育などと同様に、時間割の中に「読書」という時間が組み込まれている。昨日の読書の時間は、百科事典のポプラディアでお馴染みのポプラ社の社長さんがゲスト講師として来校してくださったのだそう。クラスがいくつかの班に分かれ、それぞれに百科事典を手渡されて、「スマトラ沖地震」だの「井の頭公園」だの、与えられたキーワードについて調べてみよう…という課題で、事典の使い方を学んだという。それから、書籍の後ろについている“奥付”がどういうものなのかも教えられたりしたのだそう。

そして、質疑応答の時間。クラスメイトたちは、「百科事典はどうやって作るんですか?」「百科事典を作るにはどのくらい時間がかかりますか?」「何人くらいの人たちで作るんですか?」というシンプルな質問をしたのだそう。…が、ずいずいが投げかけたのはこんな質問。「私のおじい様は、製本機械を作る会社をやっていますが、最近、本が売れなくて困るという話をよくします。今はインターネットで大抵のことが調べられるし、色々なものが見られるそうですが、インターネットと百科事典はどういうふうに使い分けるのがいいんですか?本は無くなってしまうんですか?」

3年生の子たちに向けた授業だから、もしかしたら社長さんは、そういう類の質問が来ることは想定していなかったかもしれない。でも、ずいずいが発言している間、ニコニコしながら興味深そうに耳を傾けてくださったという。そして、「確かにインターネットは手軽で便利だし、色々と面白いことが出来る便利な道具です。でも、勉強する時や、じっくり考え事をしながらなにかを読む時などは、本の方が向いているし、そちらを使ってほしいと私は思います」というようなことを答えてくださったとのこと。

私は、「ちょっとした調べ物はネットが便利だが、じっくり味わいながら&咀嚼しながら読むような文章は、紙媒体で読みたい」と思っているのだが、社長さんもたぶん同じような感覚を持っていらっしゃるんじゃないかな、という気がした。相手が子どもだったので、そこまでは表現できなかっただけで。

あ、もう9時。ダレン・シャンの魔法の世界に入り込んでいるずいずいを迎えに行って、いつもの“睡眠前の儀式”(毎晩まったく同じ言葉をかけあって、毎晩同じようにハグしてから眠らせる)をしなくては…。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

luna
2010年06月09日 23:19
DSを与えた当初。
一ヶ月で100時間を超えるプレイ時間にびっくりした記憶がっっっ(笑)

一度やらせたんですよ。限界まで。
肩が痛くなって頭が痛くなってイライラするまでです。
そこまでいったら学習したみたいです。
本のほうがいいや。。と。
ただ、今は本のほうも停滞中。
もう小学生の図書館には読むものが無いんですと。。どういうこっちゃ。

デジタルのものにいつのまにかこき使われてるように私も感じます。
携帯にパソコンにゲーム。
 だけど、本当はそんなものが無くても生きていけるし、本当の楽しみはそこにはないことが、私はわかってきたし、娘にもわかってほしい。
と思うけど、私がPCの奴隷だからあまり人のことは言えないかも。。。


さく
2010年06月10日 10:46
とうとうDS到来ですね。
以前にも書きましたが、ゲームに関しては本当に頭が痛いです。ここらへんの塾に通う子もほとんどいないような田舎は時間が余っている子も少なくなく、一日数時間、夏休みなど無限にゲームをする友達が多い中、限られた時間の中、平日は週1くらいで1時間、あとの日はできて30分、週末はそれでももう少しするかな~というペースでやっている息子。
いつも「○君みたいにもっとしたい!」が渦巻いています。
難しいですよね。いつも足りない!頭の中がゲームでいっぱい。
学年でまとまって 田圃を横切って下校する超田舎ですが、一人ぽつんと歩いてかえる息子。
なぜに一人?なぜなら頭の中でゲームをしながら冒険をしているらしいのです。
DSに目の色を変えてやる息子より、頭の中で冒険しているほうがどちらかといえば愛すべき息子、ということでしょうか?低レベルです(笑)
ムトウ
2010年06月10日 11:38
>多くのアナログ人間がそうであるように、「文明<文化」と感じている。

それが普通だと思いますよ。民度の高い人間でネトゲ廃人なんてあんまり聞かないもの(笑)。

スノッブで鼻につく言い方になってしまうけれど、着るものにも、余暇の過ごし方にも、「品がいいか否か」「民度が高そうか否か」って差は出てしまうものだと思う。皇室のお子様方がDSに夢中になったなんて話、聞かないし。
かおり
2010年06月10日 12:29
何度もうなずきながら読みました。そして、「文明<文化」という前提で、デジタルでも優劣みたいなものがあります。

最近ね、時々考えるんです。今って、たいていのスポーツ(スキー、サッカー、ゴルフ)も、アナログなゲーム(チェス、オセロ、将棋)もデジタルでできるんですよね。ちょっと変わったところでは、電車運転とか、楽器演奏も。
「ゲームでスキーできたって、本当に滑れないじゃない?」なんて思うんだけれど、「これは実際にはなかなか体験できないから、デジタルでも体験よかったね」と思うものもあり(笑)そのへん、みなさんどう思ってるのかな、って。

私の中にデジタルの中にも優劣みたいなものがあって、なーんか適当な理由をつけて、息子に私の好みを押し付けてるな、と思うときがあります。でもある時期がきたら、息子の中にそういう基準ができるんでしょうね。

今、鳥取砂丘に惹かれているのですが、息子の旅行モチベーションを上げるためにPCで写真などを見せたい反面、最初に目にするのは、本物の砂丘でほしい、とも思うんです。

…なんだか独り言ちっくなコメントになっちゃって。ごめんなさい

さち
2010年06月11日 00:31
lunaさん

>一度やらせたんですよ。限界まで。肩が痛くなって頭が痛くなってイライラするまでです。そこまでいったら学習したみたいです。

なんて荒療治…。luna姐さん、男前だ…。ずいずいにもその手法が通用するだろーか? あー、でも、子ども時代、フラフラになるまでゲームをやり続けてもまったく凝りなかった男の血を受け継いでるからなぁ…。

>もう小学生の図書館には読むものが無いんですと。。

もう新聞読ませちゃったら?ちびうさちゃんなら十分読解できるんでは??
さち
2010年06月11日 00:39
さくさま

>いつも「○君みたいにもっとしたい!」が渦巻いています。

ゲームの他に夢中になれるものが見つかるといいんでしょうけどね。野球・サッカー・空手・囲碁・将棋等々に反応してくれないかなぁ??

>DSに目の色を変えてやる息子より、頭の中で冒険しているほうがどちらかといえば愛すべき息子、ということでしょうか?

私もそういう感覚です。趣味は“妄想”」って、なかなかユニークでいいじゃないですか。安上がりだし。場合によってはドン引きされるけど(笑)。
さち
2010年06月11日 00:42
ムトウさま

>スノッブで鼻につく言い方になってしまうけれど、着るものにも、余暇の過ごし方にも、「品がいいか否か」「民度が高そうか否か」って差は出てしまうものだと思う。

私もそう思います。たとえお金持ちじゃなくても、品の良さとか民度の高さを身につけることは可能だと思うので、できるだけそういう方向に導いてやりたいと思っているのですが…。どうなることやら…。
さち
2010年06月11日 00:47
かおりん

>私の中にデジタルの中にも優劣みたいなものがあって、なーんか適当な理由をつけて、息子に私の好みを押し付けてるな、と思うときがあります。

あぁ、すごくよく分かります。私も、かくなる上は、ソフト選びで思いっきり自分の好みを押しつけちゃいたいと思ってます。いずれ、親の言うことになんか耳を貸さなくなって、子どもなりの好みや基準が固まっていくのでしょうけど、それまではやはり、ある程度の枠組みは作っておいてやりたいと思ってます。とりあえず、次にプラスするのは、チェスかオセロのようなソフトかな~。