日々是まぁまぁ好日 (再び)

アクセスカウンタ

zoom RSS Happy Birthday !

<<   作成日時 : 2012/07/12 11:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

画像

昨日は娘の誕生日。11歳になりました。


誕生……帝王切開予定日の前日に陣痛が始まってしまい、おなかの中で心拍が弱くなり始めて、急遽取り出したのが7月11日の夜。大きな産声を上げて泣き続けていたけど、「ずいずい、やっと会えたね」と声をかけたら、一瞬泣き止み、「あれ?聞いたことがある声だ…」というような表情で、顔をこっちに向けたっけ。あれが初対面。


0歳……生後5ヶ月で、ベビーサークルに描いてあったミッフィーを見た途端、「!」という表情になり、いつも見ていたミッフィーの絵本を指差して、「あ、あ…」と、必死にしゃべろうとしていた。「AとBは同一のものである」と、1人の人間が生まれて始めて認識した瞬間を目撃させてもらった。夕方に黄昏泣きをするようになった時期は、なぜか、葉加瀬太郎の「情熱大陸」を聴かせると泣き止む赤ちゃんだった。


1歳……1歳になる少し前から、ベビーサイン(赤ちゃん用の手話のようなもの)を次々に覚え、まだ口はまわらなかったけど、おしゃべりが出来るようになった。でも、TV番組とDVDの区別がつかず、TVの番組が終わってしまってからも、「もう1回!」というサインをしつこく繰り返したのには参った。(ちなみにそれは東儀秀樹さんが雅楽を演奏している番組だった。)望みが叶わないと知ると、すごくがっかりした顔をしていたっけ。


2歳……買い物に出かけて信号待ちをしていた時、「あれはね、しんごうだよ。し・ん・ご・う」と教えたら、「しんごう。しんご……… しんごママ!」と言ってケラケラ笑った。人が生まれて始めてダジャレを言う瞬間を見せてもらった。


3歳……ヤクルトの瓶の蓋がなかなか取れず四苦八苦している時、パパに「おまえさあ、もっと頭を使えよ」と言われたずいずい、ヤクルトの瓶にやにわに頭突きを始めた。その後、泣き笑いしていたっけ。この頃、幼児教室で、後に大の仲良しになる麗子ちゃん(仮名)に出会う。ひらがなとカタカナを覚えた直後、ゴミ捨て用ポリバケツの「ビン カン」という文字を見て、「そっと捨ててください…っていうことだね。投げて入れたら傷がついちゃうのかな」と言っていた。(うん、キミ、それは
“敏感”の方だから(-.-;) )


4歳……幼稚園登園初日、降園してくる園バスを待ちながら、「泣いてないかなぁ…。大丈夫だったかなぁ…」と心配していたら、目の前に停った園バスから、オジサンが「どーもどーも」と挨拶する時のように片手を上げたずいずいが、「ママー、ごめんごめん、1人にしちゃってぇ…」と言いながら降りてきた。


5歳……幼稚園で、やんちゃな男の子数人にしょっちゅう構われるように。いじめというわけではなく、“気になる子をかまっているだけ”というレベルだったのだけど、「男の子なんか大嫌い」としばしば言うように。


6歳……年少さんの頃からずっと一緒だった優しい男の子、コウイチロウ君に淡い恋。一緒の小学校に行けないと分かった時は少し落ち込んでいた。「小学校に入ったら、時々頑張って早起きして、コウちゃんにお弁当作って届けようかな」と言うので、「…残念ながら、コウちゃんの行く学校には、すっごく美味しいカフェテリアがあるらしいよ…」と伝えたら、どよ〜んとした顔でさらに落ち込んでいた。卒園式の時は、園バスの運転手さんに、「遠くの学校まで電車で通うようになるんだってね。もう、雨の日も暑い日も、バスで送り迎えしてあげられないから、頑張って通うんだよ」と声をかけていただき、ポロポロと泣いていたっけ。


7歳……小学1年生。跳び箱・鉄棒・一輪車など、体育が苦手でさんざん苦労するように。好きな場所は動物園や牧場や水族館。アルマジロやハリネズミなど、ちょっと珍しい動物でも、臆することなく「かわいー♪」と言って抱っこ。魚屋さんでイサキを見た時は、「かわいい!飼いたい!」と大騒ぎ。


8歳……2年生。学校で飼っていたウサギが死んでしまい、帰宅してから号泣。捨て猫を保護し、一晩だけ一緒に過ごし、翌日獣医さんに連れていってお別れした時にも号泣。猫のアクルがいずれ死んでしまう日のことを想像しては号泣。この頃から、獣医さんになりたいと言い出すように。


9歳……3年生。時々行っている乗馬倶楽部で、馬の魅力にはまる。狂牛病に関する記事を読み、「伝染病が発生した場合、動物を安楽死させるのも獣医の仕事」と知り、「命を助けるだけが獣医さんの仕事じゃないんだ」と落ち込む。が、しばらくしてから、「犬も猫も可愛くて大好きだけど、犬猫の獣医さんはたくさんいるから、牛とか馬とか、お仕事をする動物のお医者さんになろうかな」と、なにか吹っ切れた様子だった。ヴァイオリン発表会では、念願の「情熱大陸」を弾く。


10歳……4年生。あらゆる面で好きなもの・嫌いなものがはっきりしてきて、自我が確立されてきた印象。この頃から、単に「同じ路線で通っているから」というのではなく、「考え方が近いから」「好きな本の傾向が似てるから」というような視点でお友達を作るようになっていった。「身体が太めだよね」だの「体育が苦手でトロいから球技の時に同じチームになるとイヤだ」だのと言われ、泣きながら下校することも多かったけれど、その分、「どんな時でも優しくてフェアなお友達」の存在に支えられた1年でもあった。



独身の頃の私は、子どもが苦手でしょうがなかった。今でも、あまり得意ではないのかもしれない。でも、ずいずいを育てることは本当に楽しい。おかげで毎日退屈しない。ずいずい、生まれてきてくれてありがとう。

画像
画像
画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
何かすごく泣けました。そーやって育てて来ているんだけどたまに振り返ることも大事だね。思い出そう〜。
おかあにょん
2012/07/12 12:41
(´;Д;`)なんだか泣けてくる日記ですた

立派で心優しい娘さんに育っていますよね
多少天然な所がなお可愛い♪

ずいずいちゃんお誕生日おめでとう
そしてママ11年目のさちさんもおめでとう

お二人に幸せが降り注ぎますように
shuka
2012/07/12 14:44
ハッピーバースデー、ずいずいちゃん♪
そしてママ11周年おつかれさまです!
とっても素敵なお嬢様だから、このままのずいずいちゃんで
いいのよ。これからもっと大変なこともあるかもしれないけれどそのままのずいずいちゃんであってほしいなと思います。
ルナ
2012/07/12 19:33
ずいずいちゃんお誕生日おめでとう。
愛らしい写真にくぎづけです。

11歳ともなると立派なお嬢さんですね。
是非とも夢をかなえてくださいね

すもも
2012/07/12 20:13
ずいずいちゃんもママさんもお誕生日おめでとうございます。

ちょっとオヤジ風味なところが魅力ですね。このまま魅力的な女の子に成長してください。

ヲジサンは、ずっと、ずいずいファンです。
ムトウ
2012/07/12 21:30
おかあにょん様

子どもに対してカチンと来たりイライラしたり…が続く時期は、赤ちゃんの頃の写真を眺めるようにしているの。

で、「こんな欠点だらけで身勝手な私のところに生まれてきてくれて、可愛らしいところをいっぱい見せてくれて、たくさん幸せな気分を味わわせてくれたのは、この子なんだよなぁ…」って、噛み締めるのw

これはなかなか効果があります。なので今度は、ヲットに腹が立った時に眺めるために、“優しかった頃のヲット写真集”でも作ろうかしらね(-_-;)

さち
2012/07/12 22:46
ずいずい、お誕生日おめでとう
そしてそれを支えてきた母さん、まずはお疲れ様でした。

可愛い写真に魅了されました

子どものお誕生日って特別な想いが込み上げてきますよね。それに引き換えヲットの誕生日って。。。(笑)

モモ
2012/07/12 22:50
しゅーちゃん

ありがとね。ほんと、天然なところや不器用なところがたくさんある我が娘です。が、じゃあ、何事も器用にこなす、目から鼻に抜けるような、才気煥発優等生タイプな子どもが好きかと問われたら、素直に首を縦に振ることの出来ない自分もいるんだよね。

私のような天の邪鬼には、このくらい天然な子がちょうど良いのかもしれません。神様がうまく配置してくださったのでしょう。
さち
2012/07/12 22:51
ルナさん

>これからもっと大変なこともあるかもしれないけれど

ルナさんに予告(?)されていた通り、“魔の5年生女子”は、子どもたちの意地悪度がアップする時期のような気がしてます。体の成長にともなってホルモンバランスが変化したり、成長の速さに栄養が追いつかなかったりして、情緒不安定になりやすいのかもしれませんね。良く似たような環境で、ずいずいよりも少しお姉さんのちびうさちゃんを育てているルナさん、なにかあったら相談にのってくださいね。
さち
2012/07/12 22:59
すももっち

どうもありがとう。でも、“立派なお嬢さん”にはまだ程遠いかな。まだ学校以外の場所では熊のぬいぐるみが手放せないし、身体はあんなに大きくなったのに、いまだに“抱っこ”が大好きだし。でもまぁ、こんな私の娘だからね、キリリとした素敵女子になるはずがないんで…(-.-;) 私とあのヲットの娘にしては、そこそこ良い子に育っていると思ってますw
さち
2012/07/12 23:06
ムトウさん

なんだか、駄洒落と勘違いが多い人生って感じがしますよね。確かに、“中の人はヲジサン?”という感じは否めません。

しかし、この私の娘なので、ヲジサン度が高いのは致し方ないのかもしれません。素敵女子に仕立てて玉の輿狙い…という方面は早々に諦めることにしました。自力で生きていってもらいましょう。
さち
2012/07/12 23:15
モモちゃん

どうもありがとう。私はかなり身勝手な母親だと思うのですが、こんな母親に、ずいずいは良くついてきてくれてると思います。この子の好意や愛情に報いるために、いざという時はいつでもこの子を守ることが出来る、強い母さんでいたいと思ってます。
さち
2012/07/12 23:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
Happy Birthday ! 日々是まぁまぁ好日 (再び)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる