日々是まぁまぁ好日 (再び)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『こども座右の銘』

<<   作成日時 : 2012/04/28 13:34   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

画像

『こども座右の銘』という本がある。昨夜、ずいずいと、「自分が好きだと思った言葉を選んで、それぞれに付箋を貼ってみようよ」ということになった。

沢山の付箋が貼られたけれど、2人が同じところに貼っていたのは3箇所で、あとはバラバラ。

ずいずいの選んだ言葉を見て、「なるほど、ずいずいの本質みたいなものが浮かび上がって見えてくるなぁ」と思った。蛇年生まれらしく(?)しつこいところ、弱虫のようでいてなかなか粘り強いところ、どちらかといえばメジャー&ミーハーでなくマイナー&オタクなところ、大人や学校というものに多くを期待してはいないがまったく期待していないわけでもないところ、そろそろ人間関係の面倒くささも味わい始めているらしいところ、根本的には「人から何を言われようがどうでもいい」と思いながらも幼さゆえにまだ吹っ切れていないところ、お金に関しては慎重でほんのり共産主義の匂いもするところ(笑)、聖なる存在や志の高い人に敬意を抱いているところ、そして、良くも悪くも私とヲットと両方からの影響をきっちり受けているところ。

ずいずいも、私の選んだ言葉を見て、「やっぱりママはママらしいのを選ぶなぁ」と思ったのだそう。「偉ぶってても、インテリぶってても、世の中のために具体的に動かない人のことは認めないって感じ?」「あと、人に助けてもらおう、幸せにしてもらおうと思ってる依存心の強い人が嫌いでしょ?」だって(笑)。

面白かった。また、別の何かで“好きなものの比べっこ”をしよう。


【2人とも良いと思った言葉】

●無知を恐れるなかれ。偽りの知恵を恐れよ。(パスカル)

●有能な者は行動し、無能な者は言い訳する。(ジョージ・バーナード・ショー)

●相手が暴力をふるっても、自分が正しければ心では負けないのです。最終的に心で勝ったものが勝利者と呼ばれるのです。(ガンジー)


【ずいずいが選んだ言葉】

●それでも地球はまわっている。(ガリレオ)

●今あきらめたら、バカにしたやつらのいい笑い者だ。絶対成功してみせる。(豊田佐吉)

●天才は辛抱強い。(トルストイ)

●たとえ立場の高い人の意見でも、間違っていたら指摘して正さなければならない。(北里柴三郎)

●勉強とは、自分の無知を発見すること。(ウィル・デュラント)

●天才は、1%のひらめきと99%の努力でつくられる。(エジソン)

●愚かな人は勉強を軽蔑し、単純な人は勉強を無条件にほめたたえ、賢い人は勉強を利用する。(フランシス・ベーコン)

●自分にとって、学校というものは一切存在価値がなかった。自分にとって、図書館と古本屋さんさえあれば、それで十分であった。(司馬遼太郎)

●簡潔で要領を得た行動。それが知力の基本である。(シェイクスピア)

●目的が善でなければ、知識も害となる。(プラトン)

●世間にうとく、書籍に書かれたことしか知らない学者は、書籍に書かれている本質的な内容を理解していないものだ。(ウィリアム・ハズリット)

●賢い者は、争いが起きたときに相手に勝とうとするよりも、かかわり合いにならないことを選ぶ。(ラ・ロシュフコー)

●一方だけが悪いならケンカは長く続かない。(ラ・ロシュフコー)

●なにか問題が起きたときに「自分にも責任があるだろうか?ないだろうか?」という疑問が少しでも心をよぎったら、それは自分にも責任があるということです。(ドストエフスキー)

●本当に自信のある人は、いつも冷静で他人の評価を気にしないものである。(マルキ・ド・ヴォーヴナルグ)

●心が貧しい人は、人の欠点や失敗に対して喜びを感じる。(アルトゥル・ショーペンハウアー)

●友情を長続きさせたかったら、相手の欠点に目をつぶることだ。(ジャン・ド・ラ・ブリュイエール)

●みんなが同じ考えをもつことは、理想的なことではない。意見が違うから社会は成り立ち、そしておもしろいのだ。(マーク・トウェイン)

●他人から与えられた評価ではなく、自分自身が満足できる足跡を残したい。(植村直己)

●欠点がない人がいたら警戒せよ。(ジョセフ・ジュベール)

●自分が決めたことは後悔しない。(宮本武蔵)

●チャンスがないなら、自分でチャンスをつくりなさい。(サミュエル・スマイルズ)

●自分を信じろ。人には好きに言わせておけ。(ダンテ・アリギエーリ)

●天使は美しい花を咲かせるだけでなく、傷ついた者のために勇気をもって戦います。(ナイチンゲール)

●状況? なにが状況だ。状況とはわが輩がつくるものだけをいうのだ。(ナポレオン)

●天体の運動はいくらでも計算できるが、人の気持ちはとても計算できない。(ニュートン)

●なにをしたいのか? それが明確になったとたん、君になにかが起こる。(ジッドゥ・クリシュナムルティ)

●人をおとしいれて出世する者もいれば、正義をつらぬいて出世できない者もいる。(シェイクスピア)


●「お金では買えない大切な物がある」という言葉をよく耳にするが、これは本当の貧乏を経験したことのない者がいうセリフである。(ジョージ・ギッシング)

●欲しいと思う物は買うな。必要な物だけを買えばよい。(マルクス・ポルキウス・カト・ケンソリウス)

●勤労は、幸福の条件である。(トルストイ)

●お金は良い召使いであり、かつ、悪い主人でもある。(ベンジャミン・フランクリン)


【私が選んだ言葉】

●あなたは学者ではないのだから、学ぶだけではだめです。学んだことは世の中の役に立てなさい。学んだあとにどんな行動をとるか。それが重要です。(吉田松陰)

●学問は脳、仕事は腕、からだを動かすは足である。しかしこれらをまとめる意志が必要である。この意志を勇気と呼ぶのだ。(大隈重信)

●正しい知恵を持った者は、敵が多くても傷つかない。(サキャ・パンディタ)

●教育はもちろん重要である。しかし忘れてはならないのは、知る値打ちのあるものは学校で全部教えられないということだ。(オスカー・ワイルド)

●我々の生活の中で、活動的な無知ほど恐ろしいものはない。(ゲーテ)

●教養と知識は別のもの。知識がすべてであるという間違った考えは危険な間違いである。(ヘッセ)

●弱い者ほど相手を許すことができない。許すという気持ちは強さの証なのだ。(ガンジー)

●動きが悪くなった機械に適当に油を注しても効果はない。悪くなった部品を見つけて交換しなさい。人間の心は機械のように交換できないが、なにが原因でそういう気持ちになったのかを考える必要がある。(エジソン)

●心配しても始まらないことは、心配しないほうがよい。(武者小路実篤)

●まわりがいくら努力しても、自分で自分を救おうという気持ちのない者を助けることはできない。自分でハシゴを登る気持ちのない者を他人が救うことはできないのだ。(アンドリュー・カーネギー)

●あなたは他人によって永遠の幸せが得られるなんて本当に思っているんですか? いくらその相手が最愛の人だとしても。(アインシュタイン)

●異性に心を奪われることは、大きな喜びであり、人生において不可欠なことだ。しかし、それが人生の中心になってはいけない。(アインシュタイン)

●あなたがいくらやさしい心の持ち主でも、行動がともなっていなければ、自分の思いを十分に相手に伝えることはできません。(ナイチンゲール)

●茶室に入れば身分の差はない。お互いに敬意を表しながら一杯のお茶をたしなむ。これがわび茶の精神である。(千利休)

●「自分ひとりでやった」と自分の成功を主張することは、とても愚かで傲慢なことだ。(ウォルト・ディズニー)

●自分のまわりばかり見ていると、小さくまとまってしまう。世界は広いのだ。(豊田佐吉)

●人に与えた恩は忘れてしまえ。しかし、人から受けた恩は絶対に忘れるな。(ジョージ・ゴードン・バイロン)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりです。連休楽しんでらっしゃいますか?

どんな言葉を選ぶかはさておき、親子で一緒にこういう本を読んで、そういう楽しみ方をするということが、いいと思いました。

知識は学校や塾でも教えられるけど、教養とか人生の送り方とかは、親が示してみせることなんだなと。同じ潜在能力のある子供でも、親がどんな環境を与えてどんなふうにリードするかによって、いつか咲く花の大きさが違うんじゃないかと思います。

ももたろう
2012/04/30 07:43
言葉以外でも、なにか、好きなものと嫌いなものを箇条書きにしていくと、その人がどんな人か分かるよね。

好きなものの中に尾崎豊とレニークラビッツとAKB48が入ってる人とは仲良しになれないって分かるし。
つーじい
2012/04/30 18:10
ももたろうさん

普段、あんまり、“子どもを遊ばせてあげる”“子どもと同じことをして楽しむ”という親ではないんですが、最近はコミックスや文庫本をお互いに貸し借りするなどして、同じものを読む楽しさを味わえるようになってきました。いまは、ずいずいから、「これ面白いから読んで」と、「スペック」の文庫本を渡されてます。

>知識は学校や塾でも教えられるけど、教養とか人生の送り方とかは

「教養と知識は別のもの」と、上の方でヘッセも言ってますねw 「得た知識で、どんなふうに人生をサバイバルしたり楽しんだりするか」ってことを教えてあげられたらいいなぁと思ってます。
さち
2012/05/04 09:41
つーじい 

分かる分かる。以前、某企業の入社試験をお手伝いしたことがあったんだけど、「なんでもいいから、好きなものを嫌いなものを100個ずつ箇条書きにしてください」って問題を出したことがあるの。それを見ると、どんな人なのか、だいたい見当がつくんだよね。
さち
2012/05/04 09:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
『こども座右の銘』 日々是まぁまぁ好日 (再び)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる