日々是まぁまぁ好日 (再び)

アクセスカウンタ

zoom RSS 意地悪は、性格だけじゃなくて体調の問題?

<<   作成日時 : 2011/12/02 13:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 20

画像

昨日、学校から帰ってきたずいずいが、「ママ、今日の朝礼の校長先生のお話しね、ゆうべママが言ってたのと同じような内容だったの」と話してくれた。

“ゆうべママが言ってたの”というのは、こんな話。(↓)


同じクラスのTさんが、昼休み、数人の子たちに意地悪をされていた。お弁当の時に使っていたランチョンマットを、ある1人の子が取り上げて、他の子たちと投げ合ってふざけていて、なかなか返してくれなかったのだ。「返して」「やだー」…というやりとりが何度か繰り返された後、もともと大人っぽいところのあるTさんは、「じゃあ、もういい…」と言って、本気で相手をするのをやめて、スルーしようとしたのだそう。すると、ある1人の子が、「じゃあ、これ、捨ててくるね。いらないんでしょ?」と言って、ランチョンマットを持ったまま廊下の方(ゴミ箱のある方)に歩き出し、さすがにTさんも慌ててしまい、……云々(楽しい話題ではないので、以下、省略。結局、ランチョンマットはTさんに戻されたのだけど)。


私「それを見ていて、あなたは、『やめなよ』って言ったりしなかったの?」

ず「………。言わなかった。」

私「その時、教室に、あなた以外の目撃者は?」

ず「他に何人かいた。」

私「その中の誰も、『やめなよ』って言ってあげられなかったの?」

ず「うん…。」

私「なぜ?」

ず「そういうことを言うと、その意地悪な子たちに、次に苛められるのは自分になっちゃうから。それに、『いい子ぶってる』とか言われちゃうし…」

私「先生はそういうことが起こってるのをご存じなの?」

ず「ちょっと意地悪な子たちのことは先生も分かってて、時々注意してるけど、一番意地悪な子は、先生の前ではボロを出さないんだよ…本当に意地悪な子は、先生がいる時に意地悪なんかしないもの。今日のことも先生は知らないの。先生に言うと、言いつけた…ってことで、また意地悪されるし。」

私「つまり、意地悪をされた子は、されっぱなしで、1人で耐えるしかないの? クラスメートは誰もかばってくれないし、おうちの人に相談するのも、先生に言うのもダメなの? じゃあ、意地悪で自分勝手なことをした子の天下になっちゃうじゃない。ジャイアンにおびえるのび太みたいに毎日を過ごさなくちゃならないの?そういうの、鬱陶しくないの?イヤなクラスだなぁ。誰か勇気を出して、『やめなよ』と言ってあげられないの?…1人で言う勇気がないとしても、何人かで一緒に言うとか、なにか方法はないの?」

ず「…みんな、次に自分が意地悪のターゲットにされるのがイヤなんだよ…。なかなか、ママみたいに強くはなれないもん…。でもね、下校の時、Tさんが、『一緒に帰ってくれる?』って言ってきたから、駅までおしゃべりしながら一緒に歩いたよ。Tさん、なんだか疲れてて落ち込んでるみたいに見えてさ、可哀想だったよ…」

私「ねえ、こういうこと、最近、ちょっと多すぎない? 学校の空気がイヤな感じになってきているのなら、ママ、どうしたらいいのか、担任の先生に相談しに行ってこようか?」

ず「やめて…。おうちの人に相談して、おうちの人から先生にお話が伝わって、それで先生が意地悪した子を叱ったりしたら、また後から面倒なことになるの。私、たまに意地悪されて泣いちゃうこともあるけど、そのせいで学校に行くのがイヤになったりってほどじゃないから。たまにこうやってママに愚痴を聞いてもらうだけで、なんとかなるの。だから、ママ、先生に言わないで…」

こういう話をした翌朝、校長先生から、「苛められている子をかばうと、次は自分が苛められるのではないかと思って心配になってしまうだろうけれど、それでも勇気を出して声を上げてほしい」というようなお話があったのだそうで、ずいずいは、「やっぱり、見て見ぬふりをしちゃいけないんだよね…。自分もそうされたらすごく悲しいし…。でも、『やめなよ』って、私、言えるかなぁ…怖いなぁ…」と、目下、悩んでいる最中。

実は最近、こういう話題が多い。“苛めというほどではないけれど、意地悪ではある”…というような出来事が増えている感じがする。…いや、でも、“苛めというほどではない”というのはあくまでも私の主観なのであって、ターゲットにされた9〜10歳の子どもにしてみれば、それは“苛め”なのであり、悲しい思いをしているんだろうなぁ…。事実、ずいずいも、たまにトイレでこっそり泣いていることがあると言うし…。「この程度の意地悪は、学校生活にはつきもの。いちいち大げさに考えないで、それに負けない心の免疫力を育ててあげよう」と考えるのがいいのか? それとも、「ちょっとこれは意地悪の度が過ぎるのでは?」と感じたら、先生に相談してしまったほうがいいのか? 親としても、そのへんの判断は難しい。

マイミクさんであり、3人の小学生のお母さんであり、栄養療法にも詳しいドクター、とりんさんによると、初潮前後の女の子はものすごくたくさんの栄養素を必要とするので、しっかり栄養を摂っていない子は貧血になりやすく、その結果、情緒不安定になったり意地悪になったりする傾向があるのだと言う。そして、この時期の貧血は、成人後も、生涯にわたって健康状態に(精神衛生も含めて)大きな影響を及ぼすのだそう。

ずいずいは、3年生の後半くらいから、ぷっくり、むっちりした体型になってきた。だから私は、「今の時期は、ぷくぷくほっぺで、体も丸っぽくてしっかりしているくらいがちょうどいいし、健康的だって、ママが信頼しているお医者さんがそう言ってるよ。タンパク質や鉄分やビタミンB群をしっかり摂らないと、健康で綺麗な大人になれないし、集中力が低下して学力も下がっちゃうんだよ。ダイエットはもう少し大人になってから考えればいいからね」と話をしているのだが、学校で「Nちゃんって太いよね」と言われて傷つき、トイレでこっそり泣いたこともあるずいずいは、“ガリガリに細い子”に憧れているらしい。「私と同じようにぷっくりしている子は、クラスには3〜4人くらいしかいないの」と言う。

最近の、“苛めというほどではないけど、クラス内に意地悪な言動が増えてきた気がする”と、ずいずいや私が感じていることの原因として、そういう、発育と栄養に関する問題が潜んでいるんじゃないかという気がするのだけど、どうだろう? もちろん、栄養状態が悪いからといって、誰もが意地悪になるかというと、決してそういうわけではない。個々の性格とか、感じているストレスの量だとかによって、他人に対して攻撃的になるのかどうかは違ってくるのだろうけど。でも、“なんとなーく、意地悪指数が高い空気”というもののベースには、栄養問題が潜んでいるような気がするんだよなぁ…。だとすれば、これを解決するには、“心構え”や“精神論”だけじゃなくて、“栄養”という視点も必要なのかもしれない。親も子どもも先生方も一緒に、ドクターとりんのような専門家のお話を聞く機会があるといいんだけどなぁ。


※写真右の大きなボトルは、3年生になってから飲ませるようになったプロテイン。急激に体が大きくなり始め、疲れやすくなったり落ち込みやすくなったりしたので、食事だけではたんぱく質やビタミンやミネラルが足りないと感じて飲ませるように。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
どんな学校にも、なにかしら虐め問題はあるものですね。でも、正直、このくらいのレベルで済んでいるなんて羨ましいと感じる親御さんが多いでしょうね。他の学校は、もっと悪意に満ちた壮絶な虐めが多発していますから。

それでも、悪いレベルと比べてましだからと言って、問題を放置するのはよくないのでしょうね。それぞれの学校にあったレベルで、指導して解決していかなければいけないのでしょう。

1人では「やめなよ」と言うのが難しいなら、複数で力を合わせて、なんとか頑張ってもらいたいです。
ももたろう
2011/12/02 15:07
女の子の意地悪は、性格だけじゃなく栄養の問題って、言われてみれば思い当たることがいっぱいあります。

共学の場合、もしかしたら、こういう時期の女の子のイライラや意地悪は、男子に向けられるのかもしれません。それで、おませで口が達者な女子と、まだそれに比べると幼くて野蛮な男子とが対立したりして。女子校の場合、ぶつける相手(男子)がいないので、女子が女子に意地悪するようになってしまうのかもしれません。
ももたろう
2011/12/02 15:12
>正直、このくらいのレベルで済んでいるなんて羨ましいと感じる親御さんが多いでしょうね。

文章読んでいて意地悪はよくないし、ずいずいちゃんがトイレでこっそり泣いていると知り心が痛くなったけど、この程度で羨ましいと思ってしまった母です

共学でもこの年齢になると男子の目を引く子はターゲットにされます
そこでまた男子がかばうもんだからいじめっ子の女子はより一層キーキーします
女子は男の目があってもなくてもつるんで誰かを排除したくなる習性を持っているんですかね
確かにトラブルをおこすお子さんの食生活を見ると、ダイエットしているから朝ごはん抜きとか夜はご飯とサラダだけなんて子が多い
やっぱりきちんと食べている子は落ち着いていたので、食生活と家庭環境が悪影響を与えているのは間違いないですね

もっと最悪を知っている私からするととても落ち着いた環境に思えるけど、今いじわるに直面しているずいずいちゃん達にとっては辛い環境なんですよね
上手く先生がまとめてくれるといいけど、影でやる子には効き目がないからやっかいな問題だわ
うちの娘にはいじめっ子のボスをターゲットにとことん追い込めと指令を出したけど、「私にはそんなひどいことできない」と却下されてしまいました
きっと心優しいずいずいちゃんも同じように、目には目をやられたら10倍にしてやりかえす作戦はできないでしょう

ちりんさん、心優しい娘さんでも対処できるいい解決方法を探してあげて下さい
shuka
2011/12/02 16:01
あああ、ずいずいちゃんの学校もか。。と思うと本当に嘆かわしいですね。
ずいずいちゃんの悲しいお気持ちお察しします。

来年5年生でしたよね?
本当に5年生と言う学年は要注意な学年です。
うちの娘の学校もそうですが、ある同じようなカトリックの女子校(ブログ友達)のところも昨年の5年生の時は大変だったそうです。
そしておそらくずいずいちゃんの学校の事ですからお勉強も熾烈を極めると思います。
そのストレスが他人へ向かうのは本当に哀しい事ですが止められないような気もします。

他人を変える事はできないですが、そのストレスを流す事ができるように打たれても立ち上がれるように、自分たちの娘に力をつけていきましょう。


 
luna
2011/12/02 22:21
ずいずいちゃんは、学校の外にもお友達もいるし、さちさんがいろいろな「場」を用意しているからいいけれど、学校の友達の価値観が絶対に思える子はつらそうですね。

息子の通う小学校でも、女の子のやりとりはなかなか大人っぽくて大変そうです。精神的なこともあるでしょうが、確かに体の変化にともなうものも大きいでしょうね。

自分を振り返っても、子供服が合わなくなって、でも微妙に若者向けの服も合わなくて…中途半端だった気がします。男の子は体格の変化も合わせて、中学入学後にこの変化がある気がします(甥っ子の成長を見ての感想です)。

お肌がぷりぷり、髪の毛さらさら、颯爽と歩ける体を持つ本当に「きれいな女性」になるために、どうすべきか、しっかり伝えたいですね。あとから補うのは、できてもきっと大変なことでしょうから。
かおり
2011/12/03 00:04
ほんとにねぇ。

折角私立で中学受験も必要ない小学生生活なのに苛めがあるなんてねぇ。

でも生理的な要因は受験や塾とは関係ないもんね。全員のお母さんがさちさんみたいに娘をちゃんと見ているわけじゃないし。

いい方に考えれば、ずいずいちゃんは今の経験とお母さんの対応のおかげでクラスメートより先に人間的に成長すると思います。
浅間の風
2011/12/03 07:47
イジメの本質は「仲間はずれにされたくない」という心の弱さからきているというのが私の結論です。

だからやられても本人も助けを呼べないし、周りに居る者も後々の対処の想像がつかないだけに何もできない。

大人ならば、こうして、こうすれば、こうなって…と結構先の対処まで考えられますが、子供の想像力ではまず無理でしょう。
実際、私もそうでしたよ、中学の時のことでしたが…。

でも、ある時気が付き、決断したんです。今居るクラスの者とは、今後付き合うつもりが無ければ切っていいんだと。

それならば、それだけ嫌われようとも先生に言いつけて、徹底的に対処してもらえば良い、友人でも無い者を守る必要は無いと。

当時はまだ、内申書だの何だので、先生を敵にはできない雰囲気がありましたから、先生にバラされるのは致命傷ともいうべき行為でした。

いまは小悪党の低年齢化が進んでますね。
私が小学生の頃はこういう者が居たら、行為を叱るんではなく、バタバタとうるせぇぞ!という子が一人二人は居ました。(続く)
冬将軍
2011/12/04 00:47
現代の知能的になってきたイジメ。
昔のように「大人が出るのが恥」とは言っていられない状態です。

大人のような嫌がらせをしている以上、大人が対処しなければならない状態です。
その子の親が、そこまで人の心を判らない子供に育てたのだから、親に直に話しに行かなくてはならないでしょう。

今は親が馬鹿チンのまま親になっている時代だからこそ、親が出ないと終わらないことが多いんだと思います。
先生にも知らせて、でも子供には知らされていないフリを通してもらい、ビデオでも何でも休み時間の風景を記録する必要すらあると思います。

無論、本人に反省させるだけでなく、その子の親に対しても本気だということを理解させるのにも必要な手だてだと思います。

法的にどうこういう問題もあるでしょうが、知能犯的な動きを覚えた子には、叱る方が手抜きをすればするほど過激になる傾向があります。

言い訳もできないほどに事実を認めさせ、自分の非を理解させる心を植え付けないと、ちょっと叱っただけで自殺する馬鹿な子となってしまう恐れもあります。

ここまでやらないと止まれない子というのも哀れではありますが、そうして悪事を働くと天罰が下る経緯を他の子に見せつけないと、第2、第3のイジメが続く可能性もあるだけに、大人が手を抜いてはいかんのです。

「見ているぞ!」という絶対的な態度を見せつけない限り、子供は舐めてきます。
外で悪事を働く子は、親に何も期待していないし、馬鹿にしている場合がほとんどだと思いますよ。
冬将軍
2011/12/04 00:47
もしそのプロテインのメーカーの鉄を使うのであれば、前のよりずっと体に優しい新製品が出たのでメーカーにきいてみてくださいね。今までよりずっとおなかに優しいはずです。もちろん、日々のお食事が一番大事ですけどね。
最近はスタイルがいいのではなく、完全に栄養失調状態の女の子が多すぎです
こんな子どもたちが冷え性で頭痛持ちっておかしいもん

とりん
2011/12/05 09:39
ももたろうさん

窃盗・恐喝・暴力などで、小学校に警察が出動するのも全然珍しくない時代だそうですから、本当に、この程度で済んでいるのはありがたいことなのだろうと思います。

それでも、“もっとひどい世界”を知らない少女たちは、やはり傷ついたり悩んだりするのでしょうから、放置というわけにはいかないでしょうね。「やったもの勝ち」「言ったもの勝ち」がまかり通るような環境は、意地悪される子が傷つくばかりでなく、意地悪する子の今後の成長にとっても、良いことではないと思うので。

現状レベルであれば、家庭でそれぞれの親が我が子を励ましたり叱ったりしていればまにあうのかもしれませんが、エスカレートするようであれば先生に相談してみようかと思ってます。
さち
2011/12/05 10:06
しゅーちゃん部長

チワちゃんは、もっと執拗な苛めに苦しんだ挙句、転校することでやっと心身の健康を取り戻し始めてるんだものね。そんな辛い状況に比べれば……ね。

社会に出れば、理不尽な苛めや嫌がらせは当たり前のように待ち受けているだろうから、ずいずいも、そのお友達も、ある程度は免疫力を付けてほしいなと思ってます。
さち
2011/12/05 10:10
lunaさん

そうか、やっぱり、どこの学校でも、5年生くらいの女の子ってのは難しいのですね。ちびうさちゃんのところもそうだと思いますが、朝に夕に、手を合わせて神様にお祈りする習慣のある子たちが、どうしてそんな意地悪をするのか悲しくなってしまいますね。「先生は見ていなくても神様が見てる…」って、悪いことをしたらすごく後ろめたく感じたり恐ろしくなったりするんじゃないかと思うんだけど…。カタチだけのお祈りで、心の中では神様を信じてなんかいないって子もいるのでしょうかね。

ちびうさちゃんの場合は、なんどもイヤな思いをして、lunaさんは外部受験まで考えたのに、本人が内部進学を選んだのですよね。イヤな思いもしたけれど、それ以上に、学校に魅力を感じていたということなのでしょう(その中心ははっぱり、いいお友達の存在かな?)。あとはやはり、“打たれても立ち直る強さ”が、ちびうさちゃんの中に育っていたということなのでしょうね。
さち
2011/12/05 10:21
かおりん

>学校の友達の価値観が絶対に思える子はつらそうですね。

もしもそんな状況で意地悪や苛めに遭遇したら、その追い詰められ方は尋常じゃないレベルになってしまうでしょうね。「今、たまたま自分が身を置いている環境が、広い世界の中でどんなに狭い一角であるのか」とか、「“みんながそう言ってるよ”という時の“みんな”は、実は全然“みんな”なんかじゃなくて、ごく一部の限られた意見なのだ」とか、「だから、たまたまその時、周囲から冷たい反応をされたとしても、世の中全部があなたを否定しているわけじゃないのだ」とかいうようなことを、繰り返し繰り返し、様々なカタチで伝えていってやりたいと思います。
さち
2011/12/05 10:27
風さん

大人でも、低血糖症気味の人は、おなかが空くとイライラして怒りっぽくなったり、貧血気味の人は、凹みやすかったり、その反動で攻撃的になったり、本来の性格や知的レベルとは別の要因で、心無い言動をしてしまうことがありますものね。まして、まだまだ発展途上の子どもたちにとっては、生理的コンディションに言動が大きく左右されるのだろうな、って思います。特に初潮前後の女の子は、これまで経験したことのないホルモンの変化や貧血症状などによって、体のだるさや心の不安定さを持て余しているようなケースも多いのでしょうし。

ずいずいの学校は、昼食時に捕食としてヨーグルトや牛乳が出るので、お弁当だけでは十分に摂れないタンパク質やカルシウムを補うことが出来ます。早起きをして遠くから通ってきている子たちが多いので、欲を言えば、2時間目が終わったあたりで、牛乳の1杯、チーズのひとかけらでも口にすることが出来ると、イライラが落ち着いたり集中力が増したりする子が増えるのでしょうけれど…。学校生活の中では難しいのでしょうねぇ。
さち
2011/12/05 10:36
閣下

>悪事を働くと天罰が下る経緯を他の子に見せつけないと、第2、第3のイジメが続く可能性もあるだけに、大人が手を抜いてはいかんのです。

>「見ているぞ!」という絶対的な態度を見せつけない限り、子供は舐めてきます。

本当に、その通りだと思います。「大人の目を盗むことなんか簡単」「大人なんか簡単に誤魔化せる」と思わせちゃいけない、子どもが悪いことをしたら、すぐに発見してガツンと言ってやらねば…と思っています。昔は近所に“雷じいさん”みたいな人の1人や2人、いたような気がするのですが、最近は、他人の子を叱るということがとても難しいですよね。だから余計に子どもたちが大人を舐めてしまう。口の達者な子は、平気で大人に反論してきたりもするし。

会津藩の「什の掟」に、「ならぬことはならぬものです」という一文があったそうですが、「うるさい!ダメなものはダメ!」という毅然さや頑固さを大人が見せることも大事ですよね、きっと。「子どもと対等な目線で向き合う」という論調が流行った時期もありましたが、私は、子どもと大人が対等である必要はまったくない…というか、対等であるわけがなかろう…と思ってます。
さち
2011/12/05 10:45
とりんさん

いつもタイムリーな情報やアドバイスをありがとう。鉄は、タイムリリースのやつですよね。そろそろ今飲んでるのが終わるので、試してみます。フェリチンが5くらいしかない、生ける屍のような体の私にとって、鉄は生命線。

>最近はスタイルがいいのではなく、完全に栄養失調状態の女の子が多すぎです

本当に、最近は細い子が多い。運動会では、我が子がやけにぷっくり・もっさりして見えます(笑)。運動量が多くて細い…って子ばかりじゃないと思うの。みんな、通学にけっこうな時間がかかる子たちだし、宿題や家庭学習や習い事もあるから、帰宅してからたっぷり運動できてる子なんて、ごくわずかしかいないはず。…となると、やっぱり、摂取カロリーが少ないってことだよねえ。一体、何をどのくらい食べているんだろう? おなかは空かないんだろうか? 胃が小さくなっちゃってるのだろうか?
さち
2011/12/05 10:57
子供同士のトラブルに、ノブレス・オブリージュなんて言葉を出すのは大げさかもしれません。けれど、有名校の子たちは高い倍率をくぐり抜けて合格したのですから、プライドを持ってかっこよく生きてほしいと思うのです。部外者の勝手な思い込みでしょうか?

親が金持ちだろうが、有名人だろうが、勉強が出来ようが、安っぽい意地悪をするのは育ちが悪い娘なのだと、いじめっ子たちに自覚してほしいですね。
ムトウ
2011/12/05 13:02
ムトウさん

おっしゃってること、分かります。勘違いした選民意識などもってのほかだと思うのですが、愛校心に裏付けされたプライドや自制心は、ぜひとも持ってほしいと思っています。
さち
2011/12/05 13:31
タイムリリースじゃないよ。国内専用にヘム鉄独自に出したからといあわせてみて。今のに比べたら相当体が楽なはず

本当は短期でも治療レベルのを使って一気にあげたいんだけどね
心臓にはっきり目に見える不調が出る前に貧血直しちゃおう。
鉄足りないと骨もお肌もぷりぷりできないし


過緊張の子どもたちは、いつでも臨戦態勢なのでおなかが動きません。
空腹感も感じにくい
リラックスしてないと胃腸は動かないし唾液も出ない。
消化酵素も出ないし

そして、過緊張のときは自分がどのくらい弱ってるかを感じないの


野生の生物が的に襲われたときに、いちいち痛い苦しいって言ってたら逃げられないもんね。

そんな状況と同じ体の状態の子たちが優しくなれるわけがないのに

お母さんたちが元気になれば、たいていの子どもたちはみんな元気になれるのよ
とりん
2011/12/05 14:43
とりんさn

了解。では、「D-Addition」とかいう新ブランドの方ですね?試してみます。ずいずいも鉄が必要な時期になってきて、たまに軽い立ちくらみを感じるみたいです。同じものを飲ませても大丈夫かな? あの子はレバーが苦手だから、カツオとか青菜とかもしっかり摂らせなくちゃ。

>お母さんたちが元気になれば、たいていの子どもたちはみんな元気になれるのよ

自分の子どもがすごく小食だったりガリガリに痩せたりしててもおかしいと思わないのは、お母さん自身が小食で、常になんとなく不調…という状態を当たり前だと感じているからかもしれないね。だとすると、お母さんが自分のしんどさに気づかないと、なかなか家族の食生活も改善されないのかもしれない。

ずいずいのクラスの“ぷっくり仲間”は、お姉さんぽいTさんや、ぽわーんとしてテディベアみたいに可愛いSさんたち。穏やかな性格の子たちで、ずいずいも私もその子たちが好きなの。でも、みんな、“ぷっくり”を気にして悩んでいるんだって。オトメゴコロと健康とのバランスをとるのが難しくなってきました。
さち
2011/12/05 15:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
意地悪は、性格だけじゃなくて体調の問題? 日々是まぁまぁ好日 (再び)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる