日々是まぁまぁ好日 (再び)

アクセスカウンタ

zoom RSS 子どもとのスキンシップはいつまで?

<<   作成日時 : 2011/11/14 08:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

土曜日の午後、バリ・スパに行った。(http://www.yamatonoyu.co.jp/all/kawaguchi/index.html )  埼玉は天然温泉の施設がけっこうあるのだけど、他の施設は家族連れが多いのに対して、ここは女性のグループ客が多いようだ。エステ系のメニューが充実しているせいだろうか。

家族連れが多い施設では、女湯に“ママに連れて来られた男の子”がいる確率が高い。施設にもよるが、男の子の年齢制限はだいたい7〜8歳までということになっている。このへんが微妙なところで、男の子を育てているママにとっては、7〜8歳はまだ、“可愛いボク”なのだろうけれど、女の子しか育てたことのない母親や、男の子の兄弟がいない女の子にとっては、7〜8歳の男の子は、もう、“かなり男の子”なのだ。正直なところ、私も「なんかちょっと…リラックス出来ないなぁ」と感じてしまうし、ずいずいに至っては、「男の子がいる……」と固まってしまい、温泉を楽しむどころではなくなる。まして、その男の子がちょっとやんちゃで騒がしいタイプだったりすると、「早く帰ってくんないかなぁ?」光線を浴びせたくなってしまう。

男の子のママが、「7〜8歳の息子を男湯に1人で入れるのはまだちょっと心配」と思うのも、分かる。一方で、「なにがなんでも息子と一緒にお風呂に入りたいなら貸切風呂のある温泉に行ってほしいよね。つーか、店側もさぁ、8歳とか中途半端なこと書かないで、幼稚園以下じゃないとダメってはっきり書いてほしいよね」などと、聞こえよがしに文句を言っているお客さんの気持ちも分かる(文句の言い方がちょっとキツいなぁとは思うけど)。

このくらいの男の子を育てているお母さんたちは、たまに戸惑う場面があるんだろうな。たとえば、デパートや駅のトイレなんかでもそう。狭い空間のせいか、男の子がいると、周囲が感じる違和感はけっこう大きい。男の子がいるお母さんたちに、どうしているのか話を聞いてみると、身障者用のトイレに親子で一緒に入るとか、男性用トイレの入り口でお母さんが待っているとか、周囲の目より子どもの安全の方が大事だから開き直って女性用トイレに連れて入るとか、答えは色々だった。その点、母親&女の子というのは、いつも行動を一緒に出来て助かる。

ところで、ずいずいは、いまだに、ちょっと心細くなった時や気持ちが疲れてしまった時、「ママ、抱っこ…」と言って膝に乗ってくることがある。身長140cmを超えた子がベタベタと引っ付いてくる様子は他人が見たら違和感があるだろうし、実はけっこう重かったりもする。が、他人の目がないところでなら、まぁ、いいか…と思っている。思春期を過ぎ、成人になっても、母親に「抱っこ」をせがんでいる人というのは見たことがないので、自然にそういうことを卒業するまでは、無理にやめさせなくてもいいかな、と。

父親と娘のスキンシップというのは、いったいいつ頃まで許されるんだろう? ヲットとずいずいのじゃれあい方というのは、ハタから見ているとかなりヘンだと思う。なにしろ、ヲットは、ずいずいを押さえつけて顔を舐めたり頭を齧ったりするのだから。ライオンの親子か?(いや、ライオンもそんなことはしないか…) ずいずいは、「やめてーーーーーーーっっ!!」とギャーギャー叫んで嫌がるのだけど、それでもすぐにパパにすり寄っていくのだから、心の底から嫌というわけではないんだろ
う。こういうの、あとどれくらいやり続けるんだろう? 中学生になったらさすがに本気で嫌がるようになるのかな? 高校生になってもやっていたら変態親子だよな…。


画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
うちの娘は小学3年生で共学なので、そろそろ着替えタイムが気になってきたようです。ロッカースペースはあるものの、男女別々になっているわけじゃないし、ドアがついているわけでもないので難しそうですよ。ずいずいちゃんの学校は女子校なのでそんな心配はないのでしょうね。

温泉や、プールの更衣室などで、男の子を見たときの戸惑いはよく分かります。私は心が狭いのでしょうか、戸惑いを通り越して、大きな男の子を連れてくる母親の無神経さにイライラしてしまいます。でも文句は言えないので、こちらが退散する羽目に。入ってからほんの数分で退散せざるをえなくなったときはさすがに頭に来ちゃいました。昔と違って今の子どもたちは発育がいいのだから、小学生になった男の子は女湯や女子トイレへの立ち入りは禁止にしてほしいです。
ももたろう
2011/11/14 09:26
去年だったか今年だったか、1人でトイレに入って殺されてしまった女の子がいましたよね。小さかったので、犯人が殺した後でリュックに詰めて運び出して遺体を遺棄したんでした。あれ以来、娘と2人で出かける時は、必ず女子トイレの入り口まで付いていって、その付近で待つようになりました。それまでは、「お父さんはこのへんで待ってるから行って来なさい」なんて言ってたんですが、怖くなってしまって。

プールの更衣室や温泉の問題は難しいですね。でも、「1人で更衣室やお風呂に入らせるには、まだ少し幼い」「かといって、男湯(女湯)に連れて入るには、もう少し大きすぎる」という微妙な年齢って、ほんの2〜3年くらいのことですよね。だったら、無理にプールや温泉に行かなくても、他の楽しみを見つければいいと思うんですが。
ムトウ
2011/11/14 09:46
うちの娘はすでに高2ですが、いまだに僕の布団に平気でもぐりこんできます。なんとかしたいものですが(^^;)。まあ、そのうちなくなるかなとは思ってます。

僕は子供の頃、家にお風呂がなくて銭湯に行っていたのですが、小学校に入ったら、もう女湯はイヤで、親に逆らってでも1人で男湯に入ってました。8歳はちょっと甘やかしすぎかと・・・多分本人もイヤだと思いますが(^^;)。
すみの
2011/11/14 11:50
ずいずいちゃんの気持ちわかるな。うちの息子は、小学校に上がるくらいから男湯でも「他人の目」がある時点で居心地が悪いみたいで。きっと内湯があれば、そこでバジャバジャやって満足しているでしょう。私も人が少ない温泉はいいけれど、人口密度の高いところは落ち着きません。

トイレについては、うちは体も大きいので小学生になってからは一人で男子トイレです。ただ、男性方には悪いけれど入口近くまで一緒に行き「あの子には母親がついていて、警戒しているぞ」というオーラをまき散らして待っています(笑)

こういうの、過保護と思われるかもしれませんが、海外では遊びの送迎も当たり前。自転車で子供が一人でうろうろしていたり、お店に出入りしているのは、「油断しすぎ」と写っているのも事実です(以前、外国の方から言われました)。

後悔はしたくないもの。

かおり
2011/11/14 12:30
ももたろうさん

ああ、プールの更衣室もそうですねぇ。ただ、最近は、男の子がターゲットにされる犯罪も増えているらしいので、男の子のママたちは、「いつ、子どもの手を放すか」を見極めるのがすごく難しいんじゃないかと思います。

ずいずいの学校は、更衣室やロッカールームというのは特になくて、教室で着替えてるみたいですよ。担任の先生が男性だとなにかと不便だろうなぁといつも思っています(先生にとっても子どもたちにとっても)。
さち
2011/11/14 13:20
ムトウさん

>微妙な年齢って、ほんの2〜3年くらいのことですよね。だったら、無理にプールや温泉に行かなくても、他の楽しみを見つければいいと思うんですが。

時として不便だったり寂しかったりもするでしょうが、結局、そういうふうに考えるのが一番現実的なのかもしれませんねぇ…。

あとは、シルバー人材センターの安い労働力とかボランティアさんとかを活用して、トイレや更衣室の見守り・見守りを行政が強化する…ってことも考えられるかな。国が動くのは大変でしょうから、自治体レベルで。
さち
2011/11/14 13:22
すみの先輩

>うちの娘はすでに高2ですが、いまだに僕の布団に平気でもぐりこんできます。

中高生の娘ちゃんに「お父さんウザい」って言われている全国のお父さんたちの溜息が聴こえてきましたよ、今(笑)。お嬢さん、お父さんのことが大好きなんですね。

そうですね、小学生くらいになると、男の子の方にも「女なんかと一緒に風呂に入れるかよォ!」っていう気持ちが芽生えるでしょうね。周囲の大人たちの、“他人の子でも、知らない子でも、見守る”という意識があると、そういう子が親離れする上での大きな助けになるのだと思いますが、最近はどうなんでしょうね?
さち
2011/11/14 13:28
かおりん

>後悔はしたくないもの。

これが“すべて”といっても過言ではないよね。それが母親の正直な気持ちだと思います。

でも、子どもの活動範囲が広がってくると、親だけではフォローしきれないのもまた事実。地域ぐるみで、組織的に子どもたちを見守るようなシステムを作って、目に見えない二重三重のネットで包み込むようにならないと、親の目や手が届かない部分が増えますね…。

さち
2011/11/14 13:31
ずいずいの、このほっぺと、手。ぷくぷくだよー。離せっ!食わせろっ!食うんだってばっ!!!
つーじい
2011/11/14 15:59
つーじい

マシュマロみたいだよねぇ、ほっぺ。

一週間くらい、この頃のずいずいに戻ってくれないかなぁ…。
さち
2011/11/14 18:55
緊急避難(家の風呂が壊れた等)時は別として、遊びで外の風呂に行く場合は、お父さんが一緒の時だけでした。

その辺は、男の子しかいない親だって、分かると思うんだけどなあ。

スーパーのトイレだと、まあ仕方ないかな。でも幼稚園保育園でトイレの使い方はマスターしてるから、6歳過ぎたらひとりでいいよね。
浅間の風
2011/12/05 13:33
風さん

最近の性犯罪は男の子がターゲットにされることもあるので、“男の子だから大らかに放牧”…というわけにもいかなくなってきているのでしょうね。男でのない場面では、ママの負担が大きいんじゃないかと思います。1人で男子トイレに入らせるにしても、その入口付近でママが仁王立ちしていないと安心できないでしょうしね。
さち
2011/12/05 16:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
子どもとのスキンシップはいつまで? 日々是まぁまぁ好日 (再び)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる